ネザーランドとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ネザーランドの意味・解説 

オランダ

(ネザーランド から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/21 09:48 UTC 版)

オランダオランダ語: Nederland 発音: [ˈneːdərlɑnt], [ˈneɪ̯dərlɑnt] ( 音声ファイル), 西フリジア語: Nederlân, パピアメント語: Hulanda)は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上の首都アムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。


注釈

  1. ^ フリースラント州ではフリジア語西フリジア語)も公用語
  2. ^ 正確には「独立宣言」ではない。
  3. ^ 1999年以前の通貨はギルダー
  4. ^ オランダのユーロ硬貨も参照。
  5. ^ Up one place from previous rankings.[7]
  6. ^ 湿原の水を風車で汲み上げて抜き、水路を造って水を流すなど、年間農牧業が成り立つように干拓地をつくってきた。このように干拓地は埋め立てて造られたものではない[36]
  7. ^ 国土の表面積の26%が海面下にある。
  8. ^ オランダの最高峰は、321メートルで、ドリランデンプント(オランダとベルギーとドイツの国境の交点)のところである[37]
  9. ^ 海面から最も低い地点は、南ホタント州のニューヴェルク・アーン・デ・アイセルの海抜マイナス6.7メートル地帯である[37]
  10. ^ ベルギーのフラマン語地域でも、同様の名前が見られる(例:バンホールの創業者であるBernard van Hool)。

出典

  1. ^ CBS StatLine - Population; key figures”. オランダ中央統計局. 2021年11月5日閲覧。
  2. ^ UNdata”. 国連. 2021年11月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e World Economic Outlook Database, October 2021”. IMF (2021年10月). 2021年11月5日閲覧。
  4. ^ 2016 World Press Freedom Index - RSF”. Rsf.org (2017年2月1日). 2017年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月閲覧。
  5. ^ Netherlands”. 2013年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月10日閲覧。, Index of Economic Freedom. heritage.org.
  6. ^ Helliwell, John; Layard, Richard; Sachs, Jeffrey (20 March 2017). World Happiness Report 2017. United Nations Sustainable Development Solutions Network. ISBN 978-0-9968513-5-0. オリジナルの12 July 2017時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170712180233/http://worldhappiness.report/wp-content/uploads/sites/2/2017/03/HR17.pdf 2017年6月18日閲覧。 
  7. ^ 2016 World Happiness Report”. Worldhappiness.report. 2016年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月3日閲覧。
  8. ^ World Economic Outlook Database, October 2019”. World Economic Outlook. International Monetary Fund (2019年10月). 2020年1月1日閲覧。
  9. ^ Human Development Report 2019. New York: United Nations Development Programme. (2019). pp. 304–307. ISBN 978-92-1-126439-5. http://hdr.undp.org/sites/default/files/hdr2019.pdf 2020年2月23日閲覧。 
  10. ^ a b POSITIVE PEACE REPORT Analysing the factors that build, predict and sustain peace.”. 2022年1月31日閲覧。
  11. ^ a b 経済平和研究所” (日本語). www.rotary.org. 2021年11月10日閲覧。
  12. ^ a b c d Eurobarometer”. europa.eu. 2021年10月3日閲覧。
  13. ^ 『新英和中辞典 第7版』研究社、2003年。ISBN 978-4-767-41068-5 
  14. ^ 久米邦武編『米欧回覧実記・3』田中彰校注、岩波書店岩波文庫〉、1996年、218頁。
  15. ^ Rodriguez, Cecilia; 遠藤宗生 (2020年1月17日). “オランダ、国名の通称「Holland」の使用を廃止”. Forbes JAPAN. リンクタイズ株式会社. 2020年1月17日閲覧。 “オランダ政府は今年1月1日付で、国名の通称である「Holland(ホラント)」の使用を廃止した。”
  16. ^ 「オランダ」の国名が消えるの? 大使館に聞いてみた。”. ハフポスト (2020年1月20日). 2020年10月30日閲覧。
  17. ^ 久米邦武編『米欧回覧実記・3』田中彰校注、岩波書店〈岩波文庫〉、1996年、218-264頁。
  18. ^ Zanden, J. L. van, and Arthur van Riel, The Strictures of inheritance: the Dutch economy in the nineteenth century, The Princeton economic history of the Western world. Princeton, N. J. : Princeton University Press, 2004, p.242.
  19. ^ オランダ各地に独落下傘部隊降下(『東京朝日新聞』昭和15年5月11日夕刊)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p367
  20. ^ a b 小島健 EEC設立におけるベネルクス経済同盟の役割 経済学季報 56(3/4), 45-77, 2007-03
  21. ^ a b 前川一郎、倉橋耕平、呉座勇一辻田真佐憲 『教養としての歴史問題』東洋経済新報社、2020年8月7日、55頁。ISBN 978-4492062135https://books.google.co.jp/books?id=1i_1DwAAQBAJ&pg=PT55#v=onepage&q&f=false 
  22. ^ a b c 前川一郎、倉橋耕平、呉座勇一辻田真佐憲 『教養としての歴史問題』東洋経済新報社、2020年8月7日、56頁。ISBN 978-4492062135https://books.google.co.jp/books?id=1i_1DwAAQBAJ&pg=PT56&lpg=PT56#v=onepage&q&f=false 
  23. ^ オランダ新政権が発足 新首相にルッテ氏”. 共同通信 (2010年10月14日). 2010年10月14日閲覧。
  24. ^ オランダ自民・労働党首が連立合意、来週にも緊縮支持派政権誕生へ”. Reuter (2012年10月30日). 2014年7月30日閲覧。
  25. ^ “オランダ4党、ようやく連立合意”. (2021年12月14日). https://nordot.app/843291294663000064?c=39546741839462401 2022年1月13日閲覧。 
  26. ^ 水島 2012 [要ページ番号]
  27. ^ “オランダ国王、「福祉国家持続不可能」と演説”. 産経新聞. (2013年9月18日). オリジナルの2013年9月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130918052407/http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130918/fnc13091808190002-n1.htm 2013年9月18日閲覧。 
  28. ^ 和蘭国使節来朝外交勧告の事』。#岩倉公実記
  29. ^ 和蘭国所領咬𠺕吧督外交勧告書を幕府に奉呈の事』。#岩倉公実記。アメリカ遣日大使ペリーは1852年11月24日にヴァージニア州ノーフォークを出航し、翌年1853年7月8日には浦賀への黒船来航を果たした。
  30. ^ オランダ商館長のヤン・ドンケル・クルティウスが「別段風説書」を提出したのは1852年7月21日嘉永5年6月5日)という説もある(黒船来航を参照)。
  31. ^ 愛知大学国際中国学研究センター「国民政府の対日戦後処理方針の実際」
  32. ^ [「慰安婦」問題解決へ 8.7院内集会 開かれる [1]
  33. ^ 第53回外資系企業動向調査 令和元年(2019年)調査結果概要”. 経済産業省. 2020年5月3日閲覧。
  34. ^ 日本国籍者の労働許可、居住許可について”. オランダ経済省. 2016年9月15日閲覧。
  35. ^ 田母神俊雄 『田母神塾 これが誇りある日本の教科書だ』双葉社、2009年3月。ISBN 978-4-575-30110-6  [要ページ番号]
  36. ^ a b 長坂 2007, p. 23.
  37. ^ a b 長坂 2007, p. 20.
  38. ^ 長坂 2007, pp. 71-72.
  39. ^ World Economic Outlook Database, October 2020”. IMF (2020年10月). 2020年12月26日閲覧。
  40. ^ “オランダの売春・麻薬の経済規模、チーズ消費額を上回る”. ロイター (ロイター通信社). (2014年6月26日). http://jp.reuters.com/article/wtOddlyEnoughNews/idJPKBN0F10XQ20140626?rpc=223 2014年7月27日閲覧。 
  41. ^ https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/geos/nl.html
  42. ^ アーカイブされたコピー”. 2008年10月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年10月4日閲覧。
  43. ^ 「オランダ農家、トラクター行進で気候対策に抗議」AFP時事通信(2019年10月03日)2019年11月11日閲覧
  44. ^ 【業界フロンティア】農業コンサル デルフィージャパン アード・ファン・デン・ベルグ代表「技術、経営 農家に助言」『日本農業新聞』2019年11月4日
  45. ^ アーカイブされたコピー”. 2008年12月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年10月10日閲覧。
  46. ^ http://www.iht.com/articles/2007/04/18/business/wind.php
  47. ^ Naturalization of the Netherlands” (英語). taiwan. 2022年7月6日閲覧。
  48. ^ Veiligheid, Ministerie van Justitie en (2015年3月9日). “Dual nationality - Dutch nationality - Government.nl” (英語). www.government.nl. 2022年7月6日閲覧。
  49. ^ Nederlanders steeds langer en zwaarder
  50. ^ 『わがまま歩き32「ベルギー・オランダ・ルクセンブルク」ブルーガイド』実業之日本社、2016年、342頁。ISBN 978-4-408-06010-1 
  51. ^ a b Getting Married in the Netherlands
  52. ^ Over half of the Dutch population are not religious (2018)
  53. ^ オランダの教育事情について(PDF) - 岸政継(前アムステルダム日本人学校教)
  54. ^ オランダ教育を誤解させるNHKの番組 - 太田和敬
  55. ^ Health Consumer Powerhouse”. healthpowerhouse.com. 2016年8月26日閲覧。
  56. ^ a b OECD Employment Outlook 2021, OECD, (2021-07), doi:10.1787/5a700c4b-en 
  57. ^ a b 権丈 英子「オランダの労働市場 (特集 この国の労働市場)」『日本労働研究雑誌』第60巻第4号、労働政策研究・研修機構、2018年4月、 48-60頁、 NAID 40021529444
  58. ^ Veiligheid, Ministerie van Justitie en (2014年4月30日). “Sentencing - Crime and crime prevention - Government.nl” (英語). www.government.nl. 2021年9月16日閲覧。
  59. ^ Child Pornography First report of the Dutch National Rapporteur”. 2021年9月16日閲覧。
  60. ^ Rechtspraak.nl, zaaknummer 01/821140-09”. 2021年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月14日閲覧。
  61. ^ Global Peace Index Map » The Most & Least Peaceful Countries” (英語). Vision of Humanity (2020年7月24日). 2022年8月12日閲覧。
  62. ^ オランダ 安全対策基礎データ「犯罪発生状況、防犯対策」”. 外務省. 2021年11月13日閲覧。
  63. ^ 『世界経済の潮流 世界に学ぶ-日本経済が直面する課題への教訓』(内閣府)
  64. ^ “「子供に介護されるくらいなら死にたい」ヨーロッパに安楽死のできる国が多いワケ”. PRESIDENT Online. (2021年11月12日). https://president.jp/articles/-/51707 2021年11月13日閲覧。 
  65. ^ 「女王の日」は「王の日」になります!、オランダ政府観光局(日本語)、2013年5月5日閲覧。
  66. ^ University of Vienna Sport in Nederland
  67. ^ The Cuffe Family, Earls of Desart 1583 – 1933”. Turtle Bunbury. 2009年4月20日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ネザーランド」の関連用語

ネザーランドのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ネザーランドのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオランダ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS