トレンチ調査 (考古学)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > トレンチ調査 (考古学)の意味・解説 

トレンチ調査 (考古学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/18 16:13 UTC 版)

考古学におけるトレンチTrench,試掘坑,entrial[test] trench )とは、遺跡の有無や遺構の分布状況を迅速かつ安価に把握して、発掘調査や遺跡の性質を判断するために掘られる溝のことをいい、試掘調査(trial excavations)の方法のひとつである。具体的には表面の耕作土などを除去するために掘られる溝である。元々トレンチとは塹壕という意味での溝のことを指す。


[ヘルプ]
  1. ^ 「ふうとうぼく・こん」またはただ単に「ふうとうぼく」と呼ばれる、なんらかの形で自然に倒れた木の痕跡と思われるものが土坑状に地山に残っているもののことをいう。通常は不定形であり、何らかの理由で流れ込んだ土器片などを伴うこともある。発掘現場においては遺構と判別すべきかどうか判断に迷う坑が数多く検出される場合があるが、性格が判断された場合に命名がなされ、調査が必要とみなされない坑は遺構とは取り扱われない。
  2. ^ 当時では第57条の4、現在では第95条の規定である。2005年の大改正で条文の繰り下げがおこなわれた。
  3. ^ これらの報告書では、バックホウとトレンチの写真が大写しになっていることが多いが、それは補助金の成果品であることによる。
  4. ^ 旧第57条の2、現行第93条の通称「工事の届出」とよばれるものである。
  5. ^ Planning Policy Guidance 16 Archaeology and Planningの略称。1989年ロンドン において起こったエリザベス1世時代のRose劇場の保存運動を契機にして1990年11月に定められた考古学調査におけるガイドライン。詳細はw:en:PPG 16 およびw:en:The Rose (theatre)を参照。
  6. ^ Non-Departmental Public Body (NDPB)の邦訳語のひとつで「特殊法人の情報公開の制度化に関する研究会「特殊法人の情報公開の制度化に関する調査研究」,『季刊行政管理研究』第83号,1998.9で用いられている訳語。建設省建設研究センターによる『政策評価用語集』2006.6では、「非省庁公的機関」と訳されている。参考[1]
  7. ^ 執筆者の試訳である。
  8. ^ 執筆者の試訳である。


「トレンチ調査 (考古学)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トレンチ調査 (考古学)」の関連用語

トレンチ調査 (考古学)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トレンチ調査 (考古学)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトレンチ調査 (考古学) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS