トドマツ・モミ類てんぐ巣病とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > > トドマツ・モミ類てんぐ巣病の意味・解説 

トドマツ・モミ類てんぐ巣病

和名:トドマツ・モミ類てんぐ巣病
学名病原菌Melampsorella caryophyllacearum Schroter
    
分布北海道本州四国九州
 
写真(上):シラベ形成された患部
写真(下):トドマツの幹が肥大した若い患部
説明
多数叢生し,典型的なてんぐ巣症状になる。患部はやや小型肥厚し,色は淡い春に患部の裏に黄色の粉(さび胞子)が形成されるため目立つ。本中間宿主持ち,さび胞子ミミナグサハコベ類の感染して5〜6月頃に橙黄色の夏胞子形成し,夏以後に,組織内に冬胞子形成し,落葉中で越冬する。春に胞子から担子胞子形成され,新たなモミ類へ感染源になる。トドマツの若い造林木では,てんぐ巣症状になる前の若い患部枝・幹肥大し,枯れ全身枯れが起こる場合がある。本は,アジア北米ヨーロッパのAbies地帯にに広く分布する。
シラベに形成された患部

トドマツ苗の幹が肥大した若い患部




トドマツ・モミ類てんぐ巣病と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

トドマツ・モミ類てんぐ巣病のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



トドマツ・モミ類てんぐ巣病のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2019 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved

©2019 Weblio RSS