タカッパとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 魚図鑑 > タカッパの意味・解説 

タカノハダイ

学名Goniistius zonatus 英名:Frag-fish
地方名:タカッパ、ションベタレ 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目タカノハダイ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 動画 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
生態写真はこちら

特徴
尾びれに白い斑紋があり、これが鷹の羽に似ることからこの名がある。体の色は青灰色で9本ほどの前傾した暗い褐色の横帯がある。ひれはすべて黄褐色で、尾びれの白い斑紋水中では青く輝く。磯の浅いところにすみ、海藻の陰などにじっとしていることが多い。雑食性で岩に生えている藻類をかじりとって、カスを砂と一緒にプッと吹き出すのが観察される。産卵は秋から冬で、海面を漂いながら2日ほどで孵化する。肉は臭く、食用にしない地方もある。

分布:本州中部以南台湾東シナ海黄海 大きさ:〜45cm
漁法:  食べ方: 


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タカッパ」の関連用語

タカッパのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



タカッパのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.

©2019 Weblio RSS