スモールクロコとは?

Weblio 辞書 > 生活 > 皮革の種類 > スモールクロコの意味・解説 

イリエワニ(一般和名); スモールクロコ

商業名:Saltwater Crocodile
学名Crocodylus porosus

ワニ革の代表格です。ヨーロッパでは、シンガポールワニとも呼ばれています。腹部四角形長方形)をした美麗に揃ったスモールスケールタイプクロコダイルは、ワニ革の中でも最高級品です。
腹の部分の頸から肛門にかけて、横列の数が約3135あります。又、横腹部分は、丸い形状です。
生息地は、パプアニューギニアオーストラリアインドネシアなどの入江河川海水淡水との混じる場所です。
現在では、生産量の殆どが養殖になりつつあり、原皮は、主にヨーロッパ日本シンガポール輸出されています。
高級なハンドバッグ小物ベルト等に使用されます。

イリエワニ
Crocodylus porosus
イリエワニ
イリエワニ

イリエワニ(一般和名); スモールクロコ

商業名:Saltwater Crocodile
学名Crocodylus porosus

イリエワニは、頸部の後頭鱗板が、殆ど見られません。頸鱗板は、ひとまとまりになっており、大型の4四角形並び、その左右小型鱗板が、1ずつ並んでいます。背部の背鱗板は、クラウンかたまりから大幅離れたところから規則正しく1617横列、6~7の縦列に並んでいます。

イリエワニ
Crocodylus porosus
イリエワニ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

スモールクロコのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スモールクロコのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
全日本爬虫類皮革産業協同組合全日本爬虫類皮革産業協同組合
Copyright 2020 ALL JAPAN ASSOCIATION OF REPTILES SKIN AND LEATHER. All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS