はっとりとほうとは?

Weblio 辞書 > 人名 > 芭蕉関係人名集 > はっとりとほうの意味・解説 

はっとりとほう -とはう 【服部土芳】 ○

1657~1730江戸前中期俳人伊賀上野の人。名は保英。通称、半左衛門少時より松尾芭蕉親しみ藤堂藩致仕俳諧専念伊賀蕉門中心的人物で居を蓑虫庵という。編著三冊子」「横日記」「蕉翁句集」「蕉翁文集」など。

服部土芳

はっとりとほう

明暦2~享保15年(1730)1月18日

服部半座衛門保英。伊賀藤堂家武士。『野ざらし紀行』の旅のおり、東上の途についた芭蕉追って水口まできて再会を果たし、蕉門に入る。この時、芭蕉は「命二つの中にいきたる桜かな」と感動的に詠んだ。芭蕉ひたすら慕い、元禄元年3月には、伊賀上野南郊草庵蓑虫庵」をひらいた30歳の若さ藤堂藩引退し、以後俳諧一途生涯を送った。享保15年享年74歳を一期として没。『三冊子』、『蕉翁文集』、『 蕉翁句集』などの著者として、師の記録後世に残すなど芭蕉亡き後伊賀蕉門第一人者になる。

土芳宛書簡(元禄7年9月23日)

土芳の代表作



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「はっとりとほう」の関連用語

はっとりとほうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



はっとりとほうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
芭蕉DB芭蕉DB
Copyright (C) 2019 芭蕉DB All rights reserved.

©2019 Weblio RSS