それ以降の活動とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > それ以降の活動の意味・解説 

それ以降の活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/17 03:24 UTC 版)

デイヴ・アブラジーズ」の記事における「それ以降の活動」の解説

1997年に新バンドGreen Romance Orchestra結成しアルバムPlay Parts I & V』をリリース同年ガンズ・アンド・ローゼズアルバムチャイニーズ・デモクラシー』のセッション参加するが、アブラジーズの演奏パート収録されなかった。その後もHairy Apes BMX参加し2000年アルバムOut Demons』で演奏他にプロデュースミキシング行った。現在はThe IMFメンバーとして活動

※この「それ以降の活動」の解説は、「デイヴ・アブラジーズ」の解説の一部です。
「それ以降の活動」を含む「デイヴ・アブラジーズ」の記事については、「デイヴ・アブラジーズ」の概要を参照ください。


それ以降の活動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/27 22:28 UTC 版)

デイヴ・クルーセン」の記事における「それ以降の活動」の解説

1990年代中盤Hovercraftというポストロックバンドに加入Karl 3‒30というステージネーム活動し1997年リリースアルバムAkathisia』のレコーディング参加1997年キャンドルボックス加入しアルバムHappy Pills』のレコーディング参加1999年脱退したが、以降のアルバムにもセッションミュージシャンとしてレコーディング参加した1998年ブラインド・メロンメンバーと共にUnified Theoryというロックバンド結成しバンド2000年アルバム『Unified Theory』でデビューするが、翌2001年解散した。現在も自身のバンドコラボレーションなど活動している。

※この「それ以降の活動」の解説は、「デイヴ・クルーセン」の解説の一部です。
「それ以降の活動」を含む「デイヴ・クルーセン」の記事については、「デイヴ・クルーセン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「それ以降の活動」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

それ以降の活動のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



それ以降の活動のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのデイヴ・アブラジーズ (改訂履歴)、デイヴ・クルーセン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS