しもふりとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > しもふりの意味・解説 

しも ふり [0] 【霜降(り)

布地などに、降りたような白い斑点のあるもの。 「 -の学生服
脂肪網の目のように入っている牛肉
霜降り作り」の略。

そう こう さうかう [0] 【霜降】

二十四節気の一。太陽黄経210度に達した時をいい、現行の太陽暦10月2324日頃にあたる。朝夕気温が下がり、降り始める頃。九月中気

霜降

読み方:しもふり

  1. 裾模様又ハ紋附衣服。〔第二類 人物風俗

霜降

読み方:しもふり

  1. 茶漬けのことをいふ。〔花柳語〕
  2. づけ。〔花柳界

分類 花柳界花柳

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

下振

名字 読み方
下振しもふり
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

下振

読み方
下振しもふり


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「しもふり」の関連用語

しもふりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



しもふりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2020 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2020 Weblio RSS