しこるとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 甲州弁 > しこるの意味・解説 

こ・る [1] 【凝る】

( 動五[四] )
(「…にこる」の形で)趣味スポーツなどに夢中になる。ふける。 「盆栽に-・る」 「占いに-・る」
細かい点まで趣味を貫く。意匠をこらす。 「 - ・ったデザイン」 「あのレストラン食器類まで-・っている」
筋肉が張ってこわばる。 「肩が-・る」
一か所に寄り集まる。また,氷結する。 「銀精いまだ-・り成さざる如き不二高根 麗水」 「(ふすま)のごと-・りて/宇津吹上・下」 〔「凝らす」に対す自動詞

こご・る [0] 【凝る】

( 動五[四] )
水分を含んだものが冷え固体ゼリー状になる。 「煮汁が-・る」 「息が-・る」
手足かじかむ。 「手-・つて弓をひくに叶はず/太平記 4

しこ・る [0] [2] 【凝る・痼る】

( 動五[四] )
身体の一部筋肉こりかたまりができる。 「首が-・る」
寄り集まって一団となる。 「ニンジュ(=人数)ガ-・ッテ/日葡
ある行為考え熱中する。また,興奮する。 「手代が困るこつちは-・る親父は叱る/浄瑠璃夏祭
動詞連用形の下に付いて,しきりに…する意を表す。 「奥には猶も飲み-・り踊るやら歌ふやら/浄瑠璃生玉心中


しこる

甲州弁意味用例
しこる威張るてめえしこるじゃねえわ(お前威張るじゃない

しこる

甲州弁意味用例
しこる威張るがとしこるじゃねえぞ(あまり威張るんじゃないぞ)

しこる

名古屋弁共通語用法

しこる

気取る

おまゃあ、しこっとってかんぞ
(あなた、気取っていてはいけません


しこる

方言共通語・該当漢字語意解説または【使用例】
しこる しゃがむ うずくまる腰掛こしかける、<四股しこる>からか?

しこる

騒ぐ、暴れ
例「あの子ぁなにしこってんのな?」
=「あの人何を騒いでいるんだ?」

しこる

[意]こんもりと茂る


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「しこる」の関連用語

しこるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



しこるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
うっち~の甲州弁研究所うっち~の甲州弁研究所
Copyright(c) うっち ~の甲州弁研究所 All rights reserved.
世界最強なごやべん大辞典世界最強なごやべん大辞典
Copyright (C) 世界最強のなごやべん大辞典 All Rights Reserved.
四日市市四郷地区方言四日市市四郷地区方言
Copyright (C) 2019 四日市市四郷地区ふるさと方言録 All rights reserved.
和歌山弁Explorer和歌山弁Explorer
Copyright (C) 2019 和歌山弁Explorer All rights reserved.
豊語林豊語林
Copyright (C) 2019 豊語林 All rights reserved.

©2019 Weblio RSS