紋羽の木とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 紋羽の木の意味・解説 

もんぱのき (紋羽の木)

Argusia argentea

わが国南西諸島小笠原諸島から東南アジアミクロネシアアフリカ分布しています。海岸砂礫地に生え、高さは5~10メートルほどになります。は倒卵状楕円形厚く表面には白い毛が密生しています。周年先の集散花序小さな白い花を咲かせます。別名で「ハマムラサキノキ(浜紫の木)」とも呼ばれ、腹痛のときの民間薬として利用されるそうです
ムラサキ科スナビキソウ属の常緑低木で、学名Argusia argentea。英名はありません。
ムラサキのほかの用語一覧
シャゼンムラサキ:  エキウム・カンディカンス  エキウム・プランタギネウム
スナビキソウ:  砂引草  紋羽の木
チシャノキ:  アナクア  丸葉苣の木  琉球苣の木





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

紋羽の木に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「紋羽の木」の関連用語

紋羽の木のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

雪見花

お辞儀草

プルネルラ・グランディフローラ

ザミア・フロリダーナ

樒

あべまき

レウココリネ・イクシオイデス

苗代苺





紋羽の木のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2017 shu(^^). All rights reserved.

©2017 Weblio RSS