エキウム・プランタギネウムとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > エキウム・プランタギネウムの意味・解説 

エキウム・プランタギネウム (車前紫)

Echium plantagineum

Echium plantagineum

Echium plantagineum

ヨーロッパ西部南部それにイギリスにも分布しています。道端海岸近く野原生え、高さは2060センチになります。全体に白い毛で被われています。基部卵形茎葉長楕円形から披針形です。5月から6月ごろ、先に白色ピンク青紫色の花を咲かせます。和名は、「おおばこ」の別名「しゃぜんそう車前草)」と同じく道端生えることによります。
ムラサキ科シャゼンムラサキ属一年草で、学名Echiumplantagineum。英名は Viper's bugloss, Paterson's curse。
ムラサキのほかの用語一覧
キュウリグサ:  胡瓜草
シャゼンムラサキ:  エキウム・ウルガーレ  エキウム・カンディカンス  エキウム・プランタギネウム
スナビキソウ:  砂引草  紋羽の木
チシャノキ:  アナクア




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

エキウム・プランタギネウムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エキウム・プランタギネウムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS