確率論とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 機関 > 部門 > 確率論の意味・解説 

かく りつろん [4] 【確率論】

確率一般法則を論ず数学一部門。パスカルなどに始まり数理統計学誤差論など科学方法として応用されている。

確率論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/07 14:34 UTC 版)

確率論(かくりつろん、: probability theory, : théorie des probabilités, : Wahrscheinlichkeitstheorie)とは、偶然現象に対して数学的な模型(モデル)を与え、解析する数学の一分野である。




[ヘルプ]
  1. ^ 日本数学会 2007, p. 157, 60 確率論.
  2. ^ Cardano 1961.
  3. ^ ラプラス 1997.
  4. ^ コルモゴロフ 2010.
  5. ^ 確率測度は、客観確率の持ついくつかの性質を選んだものであるが、ベイズ統計学のような主観確率も確率測度の条件を満たす。
  6. ^ 西岡 2013, p. 48, 4.3 乗法定理.


「確率論」の続きの解説一覧





確率論と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「確率論」の関連用語

確率論のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

アカボシミノウミウシ

ゴールド・フィンガー

Cストローク

ナミイワタケ

シンブル

北京鍋

エアー・キャップ

記念式





確率論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの確率論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS