江藤新平とは?

えとうしんぺい 【江藤新平】 ○

1834~1874政治家佐賀藩士。尊王攘夷運動参加維新後司法卿となり,司法制度近代化に努めた。のち,参議征韓論に組して敗れ,下野不平士族に推されて佐賀の乱起こし斬罪のうえ梟首(きようしゆ)。のち,大赦令によって罪名消滅

江藤新平 えとう しんぺい

江藤新平の肖像 その1
江藤新平の肖像 その2
天保5年2月9日明治7年4月13日(1834~1874)

佐賀生まれ。政治家。父は佐賀藩士。藩校弘道館に学ぶ。尊王攘夷運動に加わり、その後開国論唱える藩吏となるが文久2年(1862)脱藩し皇回復密奏を図り失敗、藩から永蟄居を命ぜられる。明治元年1868新政成立後、徴士として出仕江戸遷都提唱文部大輔左院副議長などを経て5年(1872)司法卿となり、司法制度整備民法制定などに尽力した。6年(1873)参議となるが征韓論争に敗れて下野7年(1874)民撰議院設立建白書署名同年帰郷後、征韓党の首領となり、佐賀の乱起こす敗北し、処刑された。

キーワード 政治家
号・別称 胤雄(たねお) , 南白(なんぱく)
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 南白遺稿 / 江藤新平(南白)著 ; 江藤太郎, 江藤新作編 ; 久米邦武批評 博文館, 明25.8 <YDM102517>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

江藤新平

読み方えとう しんぺい

幕末明治政治家佐賀県生。名は胤雄、号を南白。法制関係の官職歴任司法卿となり、司法権の独立警察制度統一をはかり、改定律例制定。のち参議となり征韓論主張するが、受け入れられず辞職佐賀の乱首領となるが、政府逮捕された。明治7年(1874)歿、41才。

江藤新平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/04 03:39 UTC 版)

江藤 新平(えとう しんぺい、天保5年2月9日1834年3月18日) - 明治7年(1874年4月13日)は、幕末佐賀藩士明治時代の政治家。幼名は恒太郎・又蔵。は胤雄、胤風とも、は南白。朝臣としての正式な名のりは平胤雄(たいら の たねお)。「維新の十傑」「佐賀の七賢人」の一人に挙げられる。




[ヘルプ]
  1. ^ 江藤助右衛門道胤 ━ ■ ━ 江藤惣次郎 ━ 江藤助右衛門 ━ 江藤助右衛門道員 ━ 胤光 と続く
  2. ^ アニメーション「新・江藤新平伝」(江口千代子)
  3. ^ 『毎日新聞』「余録」2015年4月2日
  4. ^ 礼遇の慣習により武士を梟首にすることは出来なかったため、まず士族の地位を剥奪する必要があった。
  5. ^ 大久保利通は日記(4月13日付)において、江藤について「今朝江藤、島(義勇)以下十二人断刑につき罰文申し聞かせを聞く。江藤醜態笑止なり。朝倉、香月、山中らは賊中の男子と見えたり」と記している。


「江藤新平」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

江藤新平に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「江藤新平」の関連用語

江藤新平のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

鈴木喜三郎

江藤新平

井上毅

谷干城

勝安芳

尾上菊五郎

村田経芳

三浦安





江藤新平のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2017 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2017 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの江藤新平 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS