最小作用の原理とは?

さい しょうさよう の げんり -せう- 【最小作用の原理】

エネルギー不変に保たれる力学系電磁場などで,作用量といわれる量が極小となるような運動実現されるという原理運動方程式代わる一つ基本原理である。

最小作用の原理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/24 06:23 UTC 版)

最小作用の原理(さいしょうさようのげんり、: principle of least action)は、物理学における基礎原理の一つ。特に解析力学の形成において、その基礎付けを与えた力学原理を指す。最小作用の原理に従って、物体運動(時間発展)は、作用積分と呼ばれる量を最小にするような軌道に沿って実現される。




「最小作用の原理」の続きの解説一覧





最小作用の原理と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「最小作用の原理」の関連用語

最小作用の原理のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ボーイング式747-200F型

ビーズワックス

ボウズコンニャク

吉井川

肘関節

ワイン包み

ベイビイ・フェイス

JAS





最小作用の原理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの最小作用の原理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS