向井去来とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 俳人 > 向井去来の意味・解説 

むかいきょらい むかゐ- 【向井去来】 ○

1651~1704江戸前中期俳人。元升げんしようの子。名は兼時。字(あざな),元淵。別号,義焉子(ぎえんし)落柿舎(らくししや)など。若年堂上家致仕浪人となる。その後榎本其角との縁で蕉門入り,「猿蓑」を野沢凡兆共編刊行篤実人柄で,師説遵守した。編著旅寝論」「去来抄」など。

向井去来

慶安4年(1651)~宝永元年(1704.9.10)

向井去来

肥前長崎儒医向井玄升の次男として誕生生年月日不祥本名向井次郎。父は当代切って医学者で、後に京に上って宮中儒医として名声博す現代宮内庁病院長といったところか)。去来も、父の後を継いで医者志す。 兄元端宮中儒医勤める。 去来芭蕉出会いは、貞亨元年上方旅行途中仲立ちする人 (京都生まれ江戸俳人和田足<ぶんそく>)があって去来其角がまず出会い、その其角紹介で始まったとされている。
篤実とか温厚とか、去来まつわる評価は高いが、「西国三十三ヶ国の俳諧奉行」とあだ名されたように京都のみならず西日本蕉門束ね実績は、単に温厚篤実だけではない卓抜たる人心収攬技量併せ持ったと考えるべきであろう後世知的な人という印象を残す。
嵯峨野別邸落柿舎持ち芭蕉はここで『嵯峨日記』執筆。 『猿蓑同人。『去来抄』は芭蕉研究の最高の書。

向井去来

去来の墓

京都嵯峨落柿舎裏にひっそりと残っている。その規模小さなことは、高浜虚子の歌「凡そ天下去来ほどの小さき墓に詣でけり」がよく表している。

去来宛書簡1       (貞亨3年閏3月10日)
去来宛書簡2       (元禄2年12月下旬)
去来宛書簡3        (元禄3年7月下旬)
去来宛書簡4      (元禄3年8月)

去来宛書簡5        (元禄3年12月23日)
去来宛書簡6       (元禄4年3月9日)
去来宛書簡7         (元禄4年7月12日)
去来宛書簡8        (元禄4年9月9日)
去来宛書簡9  (元禄5年2月18日)
去来宛書簡10      (元禄5年5月7日)
去来宛書簡11        (元禄5年9月8日)
去来宛書簡12      (元禄7年1月29日)
去来宛書簡13   (元禄7年閏5月18日)
去来宛書簡14    (元禄7年8月9日)
去来宛書簡15   (元禄7年9月10日)
去来宛書簡16 年次不詳

去来の代表作


向井去来

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/17 09:17 UTC 版)

向井去来(むかい きょらい 慶安4年(1651年) - 宝永元年9月10日1704年10月8日)))は、江戸時代前期の俳諧師蕉門十哲の一人。儒医向井元升の二男として肥前国(今の長崎市興善町)に生まれる。堂上家に仕え武芸に優れていたが、若くして武士の身分をすてた。京都嵯峨野落柿舎(らくししゃ)に住み、松尾芭蕉はここで『嵯峨日記』を執筆した。野沢凡兆と共に、蕉風の代表句集「猿蓑」を編纂した。「西国三十三ヶ国の俳諧奉行」とあだ名された。




「向井去来」の続きの解説一覧





向井去来と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

向井去来に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「向井去来」の関連用語

向井去来のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

向井去来

園女

菅沼曲水

向井去来

内藤丈草

高山伝右衛門

各務支考

智月





向井去来のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
芭蕉DB芭蕉DB
Copyright (C) 2016 芭蕉DB All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの向井去来 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS