ザクロとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > 果物 > ザクロの意味・解説 

安石榴

読み方:ザクロ(zakuro)

ザクロ科落葉小高木園芸植物薬用植物


柘榴

読み方:ザクロ(zakuro)

ザクロ科落葉喬木


ザクロ

【仮名】ざくろ
原文pomegranate

亜熱帯性の低木あるいは樹木果汁に、前立腺特異抗原PSA)値を降下させるか上昇速度遅くする物質が含まれていると考えられている。前立腺がん再発遅らせたり予防する作用について研究されている。学名Punica granatum

ザクロ

ザクロ
科名 ザクロ科
別名: -
生薬名: セキリュウヒ石榴皮
漢字表記 柘榴
原産 地中海沿岸東部北西インド
用途 アメリカ改良されたザクロは、果実大きく果皮薄く甘みは強い。昔は駆虫薬としましたが、現在は利用されていません。果皮褐色染料になります。
学名: Punica granatum L.
   

佐久呂

読み方:ザクロ(zakuro)

ザクロ科落葉小高木園芸植物薬用植物

学名 Punica granatum


安石榴

読み方:ザクロ(zakuro)

ザクロ科落葉小高木園芸植物薬用植物

学名 Punica granatum


柘榴

読み方:ザクロ(zakuro)

ザクロ科落葉小高木園芸植物薬用植物

学名 Punica granatum


安石榴

読み方:ザクロ(zakuro)

ザクロ科落葉高木で、初夏真赤な花が咲き、実は熟す自然に裂け、中に肉質の皮のある種いっぱいいってい

季節

分類 植物


柘榴

読み方:ザクロ(zakuro)

ザクロ科落葉高木で、初夏真赤な花が咲き、実は熟す自然に裂け、中に肉質の皮のある種いっぱいいってい

季節

分類 植物


石榴

読み方:ザクロ(zakuro)

ザクロ科落葉高木で、初夏真赤な花が咲き、実は熟す自然に裂け、中に肉質の皮のある種いっぱいいってい

季節

分類 植物


石榴

読み方:ザクロ(zakuro)

作者 江戸川乱歩

初出 昭和9年

ジャンル 小説


石榴

読み方:ザクロ(zakuro)

作者 志賀直哉

初出 大正14年

ジャンル 小説


柘榴

読み方:ザクロ(zakuro)

所在 京都府相楽郡精華町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

ザクロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/01 05:59 UTC 版)

ザクロ(石榴、柘榴、若榴、学名: Punica granatum)は、ミソハギ科ザクロ属の1種の落葉小高木、また、その果実のこと[2]




[ヘルプ]
  1. ^ a b 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2012年6月3日閲覧。
  2. ^ a b c d 高木国保 『薬草百科:採取と保存&利用方法』 小林正夫監修、立風書房1987年、86頁。ISBN 4-651-86004-4
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 後藤實「生活の中の生薬205:石榴」、『活』第44巻第12号、2002年12月、 183頁。
  4. ^ a b c 北川勲、三川潮ほか 『生薬学』 廣川書店、1988年10月25日(原著1980年4月10日)、第3版、181–182。
  5. ^ a b Graham, Shirley A.; Hall, Jocelyn; Sytsma, Kenneth; Shi, Su-hua (2005), “Phylogenetic analysis of the Lythraceae based on four gene regions and morphology”, Int. J. Plant Sci. 166 (6): 995–1017, http://www.botany.wisc.edu/sytsma/pdf/Lythraceae05.pdf 
  6. ^ 長岡求「最新科学情報1:APG II 2003 による被子植物の分類 (PDF) 」 、『花葉』第25号、2006年、 2–6、2010年5月16日閲覧。
  7. ^ 米倉浩司 『高等植物分類表』 邑田仁監修、北隆館2009年、p.109,119。ISBN 4-8326-0838-X
  8. ^ Hiwale, S. S. (2009), The Pomegranate, New India Publishing, p. 2, ISBN 978-9380235-15-8 
  9. ^ a b c d e f g 日本公定書協会編 『第七改正日本薬局方第一部解説書』 廣川書店、1961年9月25日(原著1961年7月10日)、縮刷版、C620-623。
  10. ^ a b c d 高取治輔 『彩色写生図 日本の薬用植物 生薬』 廣川書店、1980年、59頁。
  11. ^ a b 『大人の園芸:庭木 花木 果樹』 濱野周泰監修、小学館2006年2月24日、315頁。ISBN 4-0930-5231-X
  12. ^ a b 『四季の果物』 講談社編、講談社〈旬の食材〉、2004年6月29日、69頁。ISBN 4-0627-0137-5
  13. ^ a b “エストロゲンは本当に含まれているの? ザクロを使った健康志向食品” (PDF) (プレスリリース), 国民生活センター, (2000年4月6日), http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20000406_2.pdf 2010年5月28日閲覧。 
  14. ^ a b 文部科学省 (2010年11月16日). “日本食品標準成分表2010 (PDF)”. 文部科学省. 2011年2月23日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 水田正能「エストロゲンと鬼子母神」、『日本醫事新報』第3991号、2000年10月、 43-44頁、 ISSN 0385-9215
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n 内林政夫「ザクロ:語源と漢土への到来」、『薬史学雑誌』第37巻第2号、2002年、 152-154頁、 ISSN 0285-2314
  17. ^ a b c 深津正 『植物和名の語源』 八坂書房1999年、241-242頁。ISBN 4-8969-4441-0
  18. ^ Participants of the FFI/IUCN SSC Central Asian regional tree Red Listing workshop, Bishkek, Kyrgyzstan (2007年). "Punica granatum". IUCN Red List of Threatened Species. Version 3.1. International Union for Conservation of Nature. 
  19. ^ a b c プリニウス 『博物誌:植物篇』 大槻真一郎編、岸本良彦ほか訳、八坂書房1994年4月(原著22-79年)、87頁。ISBN 4-896-94643-X
  20. ^ a b c d e f 清水(1980)p.78
  21. ^ a b ルーキー・ウェール、ジル・コックス 『世界の食材図鑑』 澤田美奈監修、グラフィック社、2010年、27頁。ISBN 4-7661-2092-2
  22. ^ 荻昌朗、イランの食物 調理科学 Vol.14 (1981) No.3 p.180-182, doi:10.11402/cookeryscience1968.14.3_180
  23. ^ a b 久田末雄・長澤元夫編 『薬用植物学』 南江堂1985年3月10日(原著1973年6月15日)、第3版、153頁。
  24. ^ a b c d 伊沢凡人 『原色版日本薬用植物事典』 誠文堂新光社2001年3月(原著1980年10月)、111-113頁。ISBN 4-416-20021-8
  25. ^ a b ディオスコリデス 『ディオスコリデスの薬物誌』 小川鼎三編、鷲谷いづみ訳、エンタプライズ、1983年5月、82-83頁。
  26. ^ Schröder (1884). Arch. exp. Path. Pharmak. 18: 381. 
  27. ^ a b 岩佐準三「資料:駆虫生薬について」、『生薬学雑誌』第1巻第1号、1947年、 21-24頁。
  28. ^ a b 吉田荘人「本草のうた(1)」、『漢方の臨床』第40巻第1号、1993年、 136-141頁。
  29. ^ 東北大学大学院薬学研究科附属薬用植物園. “生薬名:セキリュウコンピ(石榴根皮)、セキリュウヒ(石榴皮)”. 和漢薬解説. 東北大学. 2010年6月4日閲覧。
  30. ^ a b 牧純、{{{1}}} (PDF) 松山大学論集 No.24 4-1, 2012
  31. ^ 木内文之「天然由来殺線虫活性物質に関する研究」、『Natural Medicines』第49巻第4号、1995年、 364-372頁、 ISSN 1340-3443
  32. ^ Sharaf, A., Nigm, S.A.R. (1964). “The oestrogenic activity of seed oil”. J. Endocrinol. 29: 91-92. 
  33. ^ Heftmann, E., Ko, S.T., et al. (Nov 1966). “Identification of estrone in pomegranate seeds.”. Phytocem. 5: 1337-1340. doi:10.1016/S0031-9422(00)86133-6. http://dx.doi.org/10.1016/S0031-9422(00)86133-6. 
  34. ^ Moneam, N.M., Sharaky, A.S., et al. (Apr 1988). “Oestrogen content of pomegranate seeds.”. J. Chromatogr. 22 (2): 438-442. PMID 3384891. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3384891. 
  35. ^ Kim, N.D., Mehta, R., et al. (Feb 2002). “Chemopreventive and adjuvant therapeutic potential of pomegranate (Punica granatum) for human breast cancer.”. Breast Cancer Res Treat. 71 (3): 203-217. doi:10.1023/A:1014405730585. ISSN 0167-6806. PMID 12002340. http://www.springerlink.com/content/btdj8bfwlr29f72u/. 
  36. ^ 検出限界は、エストラジオール、エストリオール、エチニルエストラジオールが0.01ppm、エストロンが0.1ppm。
  37. ^ 岡田温司監修『「聖書」と「神話」の象徴図鑑』(ナツメ社 2011年)p.66f. イエスをザクロを手にして定められた受難を暗示している。
  38. ^ ザクロ 花言葉”. 花言葉ラボ. 2010年7月11日閲覧。


「ザクロ」の続きの解説一覧





ザクロと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ザクロ」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||


10
100% |||||

ザクロのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヤブタビラコ

イヌホウズキ

ガガイモ

コムギ

オオバコ

ゼラニウム

ハコベ

ヤブカンゾウ





ザクロのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2017, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのザクロ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS