志賀直哉とは?

志賀直哉 しが なおや

志賀直哉の肖像 その1
明治16年2月20日昭和46年10月21日(1883~1971)

宮城生まれ小説家東京祖父母のもとで育ち学習院高等科卒、東京帝国大学中退明治43年(1910)、武者小路実篤有島武郎らと『白樺』を創刊し、「網走まで」を発表その後尾道松江京都などに居を移し執筆中断した時期経て、『城の崎にて』(1917)、『和解』(1917)、『暗夜行路』(1921~1937)などを著す。「小説神様」とよばれ、多く作家影響与えた。 昭和24年(1949)文化勲章受章

キーワード 文学者

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

志賀直哉

読み方しが なおや

小説家宮城県生。東大英文科中退武者小路実篤らと『白樺』を創刊、『網走まで』以下の短篇発表。また「中央公論」に『大津順吉』を発表作家としての地歩を築く。作品私小説心境小説呼ばれるものが多いが、その文体近代散文典型として高く評価されている。代表作に『城の崎にて』『暗夜行路』等がある。文化勲章受章昭和46年(1971)歿、88才。

志賀直哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/27 07:33 UTC 版)

志賀 直哉(しが なおや、1883年明治16年)2月20日 - 1971年昭和46年)10月21日)は、明治から昭和にかけて活躍した日本小説家白樺派を代表する小説家のひとりで、その後の多くの日本人作家に影響を与えた。代表作に『暗夜行路』『和解』『小僧の神様』『城の崎にて』など。




  1. ^ 小説家大岡昇平は「近代文学の最高峰である」と讃えている。
  2. ^ しかし、志賀自身はフランス語はまったく解することが出来なかった。
  3. ^ a b c d e f g 志賀直哉『和解』を読む第62回面白白樺倶楽部開催報告白樺文学館、2006
  4. ^ ただし、志賀は小林の人柄には好感を抱いており、小林が拷問死した時の日記に「実に不愉快、一度きり会はぬが自分は小林よりよき印象をうけ好きなり」と記している他、小林の死の際、実母に弔辞を贈っている。)
  5. ^ シンガポール陥落の際は多くの文学者が祝意を表しており、谷崎潤一郎も「シンガポール陥落に際して」という文でそれを讃美している。その後の谷崎は『細雪』発禁によって戦争に非協力的な作家という印象が強くなり、志賀もその後はほとんど沈黙していた。それゆえ、戦後の「鈴木さんが総理大臣になった時、これはきっと、この内閣で戦争は終るのだろうという風に私は思った」(「鈴木貫太郎」)という発言もそれほど不自然なものとは言えない。
  6. ^ おもに『改造1946年4月号に寄稿した随筆「国語問題」を指す。「不完全で不便」な日本語をどうにかしなければ「日本が本統の文化国になれる希望はない」として日本語の廃止を提案した。そこで、「世界中で一番いい言語、一番美しい言語」である、「文化の進んだ国」フランスのフランス語を使うのが「一番よささうな気がする」と述べた。またその方法について「それ程困難はないと思つてゐる」「朝鮮語を日本語に切換へた時はどうしたのだらう」などと言い添えている。
  7. ^ 丸谷才一はエッセイ「日本語への関心」(1974年刊行の『日本語のために』に収録)において、「志賀が日本語で書く代表的な文学者であつたといふ要素を考へに入れるとき、われわれは近代日本文学の貧しさと程度の低さに恥ぢ入りたい気持ちになる。(中略) 彼を悼む文章のなかでこのことに一言半句でも触れたもののあることをわたしは知らないが、人はあまりの悲惨に眼を覆ひたい一心で、志賀のこの醜態を論じないのだらう」と述べている。
  8. ^ 三島由紀夫は『日本への信条』(愛媛新聞 1967年1月1日に掲載)において、「私は、日本語を大切にする。これを失つたら、日本人は魂を失ふことになるのである。戦後、日本語をフランス語に変へよう、などと言つた文学者があつたとは、驚くにたへたことである」と述べている。


「志賀直哉」の続きの解説一覧





志賀直哉と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「志賀直哉」の関連用語

志賀直哉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

小山内薫

本野盛亨

原敬

鮫島員規

頭山満

渡辺辰五郎

下村観山

嘉納治五郎





志賀直哉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2016 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2016 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの志賀直哉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS