コニャックとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > > ブランデー > コニャックの意味・解説 

コニャック [2] [1]フランス cognac】

フランス西部コニャック地方産のブランデー白ワイン蒸留したのち,(たる)詰め熟成させたもの。高級な酒として知られる。

コニャック

フランス中西部のコニャック地方は、土壌石灰質を多く含んでおり、糖分少なく酸味が強いブランデー葡萄栽培に適しています。この地方でつくられたブランデーのうち、フランス政府原産地呼称統制法(A.O.C.)という法律条件を満たし、検査パスしたものだけが、コニャックと称することができます
まろやか風味芳醇香り特徴です。

コニャックの原料葡萄には、主にユニブラン(サンテミリオンとも呼ばれる)が多く用いられます。
秋に収穫された葡萄は、アルコール度7〜8%の白ワインになり、それをオリ引きせず、濁ったまま9月1日から翌年3月31日までの間に蒸溜します。蒸溜は、単式蒸溜器ポットスチル)で二回行なわれ、その後リムザン産やトロンセ産のホワイトオーク熟成されます。

コニャック(こにゃっく)

量・質ともに世界第一ブランデー銘醸地。パリ南西465kmにあるコニャックの町を中心とした地域1630年ころにはワイン蒸留するオー・ド・ヴィ製造普及始め17世紀末にそれが酒として飲まれるようになった銘酒コニャックの名が記録されたのは1926年からである。1909年法律で「コニャック」と原産地名のうたえる生産地の範囲限定され、1936年には原料として使うことができるブドウ品種醸造法、蒸留法が法律でさだめられている。

コニャック

名前 Cognacq

コニャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/09 04:38 UTC 版)

コニャック (Cognac) は、フランスコニャック周辺で産出されるブランデーであり、原料葡萄には主にユニブランが用いられる。伝統的な銅製のポットスチルを用いた単式蒸留を2回行って得られたアルコール度数70%程度の精留分を、フランス国内産のオークで2年以上熟成し、水で度数40%に希釈して製品とする。色付けに少量のカラメルを添加することもある。品質が良いことで知られ、同国のアルマニャックとともに高級ブランデーとされる。






「コニャック」の続きの解説一覧





コニャックと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

コニャックに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「コニャック」の関連用語

コニャックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ワインカクテル

ウイスキーフロート

メルロ

ワインの瓶型

水割りのつくり方

水割りのつくり方

日本のウイスキーの歴史

貴腐葡萄





コニャックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2016 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2016.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコニャック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS