ホワイトオークとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > ブナ科 > ホワイトオークの意味・解説 

ホワイトオーク

ブナ科広葉樹北米東部広く分布しており、一般にレッドオーク比べて、心材赤味を帯びず、強度耐久性が高いのが特徴である。建築造作材フローリング材、壁板材として用いられているほか、家具器具船舶車両などの素材として用いられることも多い。

ホワイトオーク


面白いこと木材は酒と縁があります。古い時代には、もちろんプラスチック金属ガラスなどはないわけですから、酒などの液体を入れるものは木に頼るしかなかったのでしょう日本ではスギ酒樽になり、欧米では、このホワイトオークの類がウィスキーなどのになりました。したがって、スギ木の香が酒の香りとなり、ウィスキー香りにはこのホワイトオーク類の木材香りとなっているわけです。
かつて、テレビコマーシャルに「当社ウィスキーを入れて熟成するためにホワイトオークの伐採…」というナレーションとともに大きな樹倒れていくシーン写しているものがありました。覚えおられるでしょうかオークという言葉カシ類とナラ類を意味していますが、ホワイトオークは後者で、日本ミズナラによく似ています。
ホワイトオークと呼ばれるものは、1種ではなく10種類越えます。その上米国大陸東部中心として分布しています。同じ類の木材は、ヨーロッパにもみられます。

木材
心材灰褐色褐色などです。大きな放射組織があるため、柾目面に美しいシルバーグレインがみられます。重硬で、気乾比重は0.75程度です。一般に収縮率が高いので、乾燥の際には狂い割れが出ることが多いようです

用途
家具欧米家具用材としては、この類の木材がよく使われており、高級材として評価されています)、床板一般製材品、船舶、箱、建築(とくにウィスキーに欠くことの出来ないものです)。


ホワイトオーク

ウイスキーなどの酒の貯蔵のために使われる材。この仲間には8種類上のが含まれ、主な産地北米フランスなどですが、純粋なものは「クエルカス・アルバ」と呼ばれる種類です。これはアメリカ東部だけに育ち、適度な硬さ強度優れた耐久性を持っています。非常に硬く液体通しにくい材質で、長い貯蔵期間が必要なウイスキーブランデー最適樹齢100年上の柾目の通った良質のものだけが厳選されます。100年かけて育ったホワイトオークのは、長く切に100年以上は使いたいものです。そこでサントリーでは、平均で約70年間、材として使用した板をさらに家具調度品へと再生しています。 ホワイトオークを使った家具

ホワイトオーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/03/13 12:29 UTC 版)

ホワイトオーク (white oak) は、コナラ属(オーク)コナラ亜属コナラ節の落葉広葉樹の総称である。




「ホワイトオーク」の続きの解説一覧





ホワイトオークと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ホワイトオークに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ホワイトオーク」の関連用語

ホワイトオークのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ローズウッド

カベルネ・フラン

ビールの利用法

メリナ

イエローメランチ

ビールの注ぎ方

カメレレ

ビールの製造工程





ホワイトオークのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2016 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2016 All Rights Reserved, Copyright
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2016 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホワイトオーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS