レモンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > レモン > レモンの意味・解説 

レモン [1][0] 【lemon】

ミカン科常緑低木インド原産暖帯広く栽培され、カリフォルニア地中海沿岸地方が主産地果実は長楕円形両端はとがり、淡黄色熟す果肉酸味強く香気があり、料理添え物菓子清涼飲料などに用いる。果皮からはレモン油搾り香料とする。 〔「檸檬」とも書く〕


レモン 【檸檬】

小説梶井基次郎作。1925年大正14)「青空」に発表倦怠けんたいと不安にさいなまれ精神一個のレモンによって蘇生そせいするさまを描いた作品


檸檬

読み方:レモン(remon)

ミカン科常緑低木


レモン

【仮名】れもん
原文lemon

クエン酸アスコルビン酸ビタミンC)の摂取源となる小さく黄色柑橘系果実。その果汁は、食品飲料風味付け壊血病予防に用いられている。アロマセラピーではレモンオイル(レモンの皮から得られる芳香のある液体)が用いられている。レモンの木の学名Citrus limonである。

レモン

レモン
科名 ミカン科
別名: リモン・レモンジュ
生薬名: -
漢字表記 檸檬
原産 -
用途 インド原産常緑小高木温帯地域では年中花が咲き、果実収穫連続して行われる航海中のビタミン補給に用いられ、果汁含まれるクエン酸には殺菌効果があるとされます。
学名: Citrus limon Burm.
   

レモン (檸檬)

Citrus limon

Citrus limon

Citrus limon

Citrus limon

Citrus limon

Citrus limon

Citrus limon

Citrus limon

Citrus limon

ヒマラヤ周辺原産地だといわれています。現在では広く栽培され、地中海沿岸主な産地となっています。高さは2~7メートルになり、葉腋にはありますは卵状楕円形から披針形です。5月から10月ごろ、総状花序芳香のある白い花を咲かせます。果実古くから、飲料香料利用されてきました。
ミカン科ミカン属常緑低木で、学名Citrus limon。英名は Lemon

檸檬

読み方:レモン(remon)

ミカン科常緑低木

学名 Citrus limon


香檬

読み方:レモン(remon)

ミカン科常緑低木

学名 Citrus limon


レモン

名前 ReymondLemmonLemonRaymondLeMondLemondRaimonRaimondRemondRémond

檸檬

読み方:レモン(remon)

柑橘類一種初夏に花が咲き、秋に実がみのる。果実楕円形乳頭があり、いわゆるレモン色を呈し高い香気放つ果肉淡黄色多汁で酸みが強い

季節

分類 植物


檸檬

読み方:レモン(remon)

作者 梶井基次郎

初出 大正14年

ジャンル 小説


檸檬

読み方:レモン(remon)

作者 田中冬二

ジャンル


レモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/28 01:20 UTC 版)

レモン(檸檬、英語: lemon、学名: Citrus limon)は、ミカン科ミカン属常緑低木、またはその果実のこと。柑橘類のひとつであり、なかでも主に酸味や香りを楽しむ、いわゆる香酸柑橘類に属する。




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 日本果樹種苗協会・農研機構野菜茶業研究所 「図説 果物の大図鑑」2016年、100頁
  2. ^ 「地域食材大百科第3巻 果実・木の実、ハーブ」p387 農文協 2010年8月25日第1刷
  3. ^ 「NHK 趣味の園芸 よくわかる栽培12か月 レモン」p23 三輪正幸 NHK出版 2012年3月15日第1刷発行
  4. ^ 「柑橘類の文化誌 歴史と人との関わり」 p134-135 ピエール・ラスロー著 寺町朋子訳 一灯社 2010年9月23日第1刷
  5. ^ 「地域食材大百科第3巻 果実・木の実、ハーブ」p387 農文協 2010年8月25日第1刷
  6. ^ 「地域食材大百科第3巻 果実・木の実、ハーブ」p387 農文協 2010年8月25日第1刷
  7. ^ https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/kazyuyasaikaki/setoushihiroshimalemon.html 広島県ホームページ内「瀬戸内 広島レモンとは」 2015年10月23日閲覧
  8. ^ 「NHK 趣味の園芸 よくわかる栽培12か月 レモン」p25 三輪正幸 NHK出版 2012年3月15日第1刷発行
  9. ^ 「NHK 趣味の園芸 よくわかる栽培12か月 レモン」p25 三輪正幸 NHK出版 2012年3月15日第1刷発行
  10. ^ 「レモンの歴史」(「食」の図書館)p34 トビー・ゾンネマン著 高尾菜つこ訳 原書房 2014年11月27日第1刷
  11. ^ 「柑橘類の文化誌 歴史と人との関わり」 p300-301 ピエール・ラスロー著 寺町朋子訳 一灯社 2010年9月23日第1刷
  12. ^ 「レモンの歴史」(「食」の図書館)p73 トビー・ゾンネマン著 高尾菜つこ訳 原書房 2014年11月27日第1刷
  13. ^ 「柑橘類の文化誌 歴史と人との関わり」 p84 ピエール・ラスロー著 寺町朋子訳 一灯社 2010年9月23日第1刷
  14. ^ 「品種改良の世界史 作物編」p444 鵜飼保雄、大澤良編著 悠書館 2010年12月28日第1刷
  15. ^ Production of Lemon and Limes, by Countries”. UN Food & Agriculture Organization (2011年). 2013年8月26日閲覧。
  16. ^ 果物情報サイト果物ナビ「レモン(檸檬)」2014年4月3日閲覧
  17. ^ 「地域食材大百科第3巻 果実・木の実、ハーブ」p386 農文協 2010年8月25日第1刷
  18. ^ 日本経済新聞朝刊 2017年4月26日
  19. ^ http://www.afpbb.com/articles/-/3039462 「恒例の「レモン祭り」開催迫る、南仏」 AFPBB 2015年02月13日 2015年7月4日閲覧
  20. ^ https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/kazyuyasaikaki/setoushihiroshimalemon.html 広島県ホームページ内「瀬戸内 広島レモンとは」 2015年10月22日閲覧
  21. ^ 「NHK 趣味の園芸 よくわかる栽培12か月 レモン」p127 三輪正幸 NHK出版 2012年3月15日第1刷発行
  22. ^ https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/kazyuyasaikaki/setoushihiroshimalemon.html 広島県ホームページ内「瀬戸内 広島レモンとは」 2015年10月22日閲覧
  23. ^ 『FOOD'S FOOD 新版 食材図典 生鮮食材編』p268 2003年3月20日初版第1刷 小学館
  24. ^ 瀬戸内 広島レモンとは2014年4月3日閲覧
  25. ^ 「NHK 趣味の園芸 よくわかる栽培12か月 レモン」p126 三輪正幸 NHK出版 2012年3月15日第1刷発行
  26. ^ 「NHK 趣味の園芸 よくわかる栽培12か月 レモン」p127 三輪正幸 NHK出版 2012年3月15日第1刷発行
  27. ^ 果樹試験研究推進協議会会報2011年10月(vol.22)「レモンと健康」に関する研究の動向2013年6月28日閲覧
  28. ^ http://www.sankei.com/life/news/140720/lif1407200015-n1.html 『「塩こうじ」の次はモロッコ生まれ「塩レモン」! しょうゆ感覚で和食にも』産経ニュース 2014年7月20日 2015年10月23日閲覧
  29. ^ タウンニュース7月27日は水れもんバル2014年11月7日閲覧
  30. ^ http://news.nissyoku.co.jp/Contents/urn/newsml/nissyoku.co.jp/19990512/nss-8526-0116/1 「レモンさのう入り「ぎゅっと搾ったレモン水」発売(伊藤園)」日本食糧新聞 1999/05/12 2015年7月5日閲覧
  31. ^ http://www.j-sda.or.jp/manufacturing/regulations_and_guidelines04.php 『「レモン果実1個当たりのビタミンC量」表示ガイドライン』一般社団法人全国清涼飲料工業会 2015年10月21日閲覧
  32. ^ 「地域食材大百科第3巻 果実・木の実、ハーブ」p388 農文協 2010年8月25日第1刷
  33. ^ a b c マリア・リス・バルチン 著 『アロマセラピーサイエンス』 田邉和子 松村康生 監訳、フレグランスジャーナル社、2011年
  34. ^ 「レモンの歴史」(「食」の図書館)p93-94 トビー・ゾンネマン著 高尾菜つこ訳 原書房 2014年11月27日第1刷
  35. ^ 藪下史郎 『非対称情報の経済学 スティグリッツと新しい経済学(光文社新書)』 光文社、2002年、83-86頁。ISBN 978-4334031497


「レモン」の続きの解説一覧

レモン

出典:『Wiktionary』 (2011/05/10 13:33 UTC 版)

名詞

レモン (檸檬)【檸 檬

  1. ミカン科常緑低木学名Citrus limon
  2. 1.の果実

発音

翻訳






レモンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

レモンに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「レモン」の関連用語

レモンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アガウェ・アッテヌアータ

サンシュユ

ティフォノドルム・リンドレイアヌム

ガマ

房咲き水仙

ノビル

水金梅

ノゲシ





レモンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2017, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2017 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレモン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのレモン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS