エクサとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > エクサの意味・解説 

エクサ 【exa】

単位に冠して,1018乗,すなわち100京倍の意を表す語。記号 E

エクサ

【英】exa

エクサとは、数単位接頭辞のひとつで、1018乗を意味するものである2進数においては、2の60乗を指す(2の10乗が10の3乗の代わりに用いられるため)。「E」と表記される。

情報処理のほかの用語一覧
フォント:  ドットフォント  Webフォント  游ゴシック
単位:  エクサ  エクサ級  エクサバイト  インチ

エクサ

英語 Exa

エクサとは天文学原子物理学などの分野で使われている国際単位のひとつで、1018乗(100京)を意味する最大限単位である。スポーティ先進イメージ従来クーペ概念超える魅力秘めクルマ、として命名した。初代モデルはパルサー・エクサの名で、パルサークーペ版として1982年4月世に出た。タイミングは、2代目パルサー登場のときだった。3ボックスクーペで、リトラクタブルヘッドランプスペシャリティらしさを感じさせた。エンジンは1.5Lを搭載

86年10月の2代目から、独立したモデルになった。2ドアボディの後半部分モジュール化したところがユニークで、上部取り替えることによりクーペにもハッチバックにもなるようにつくられていた。ただし当時法規では互換性もたせることは許されず、取付け方法異なっていた。FF車で、エンジンは1.6Lツインカムハッチバック型はキャノピーと呼んだ。初代同じくリトラクタブルヘッドランプ採用クーペリヤスポイラーハイマウントストップランプが付いたのが目新しかった。

88年5月日米2つのデザイン大賞受賞記念して、車種追加89年4月にも新車種を設定した。そのあと変更なく、90年8月をもって生産終了

エクサ

エクサ_2

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

エクサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/09/14 12:29 UTC 版)

エクサ(exa, 記号:E)は国際単位系(SI)における接頭辞の一つで、以下のように基礎となる単位の1018(=百京)倍の量であることを示す。




「エクサ」の続きの解説一覧

エクサ

出典:『Wiktionary』 (2009/02/15 08:25 UTC 版)

接頭辞

エクサ

  1. 国際単位系で、基本単位(1018)倍を示す接頭辞記号E
  2. 転じて基本単位の1,152,921,504,606,846,976(260)倍を示す接頭辞

翻訳

関連語






エクサと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

エクサに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エクサ」の関連用語

エクサのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

チェイサー

GALAXY J SC-02F

Nokia X2

アルベルト・アスカーリ

ジャンピエール・ウィミーユ

Sony Tablet P

905i

動的アンバランス





エクサのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリエクサの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエクサ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのエクサ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS