ウエスタンブロット法とは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > エイズ用語 > ウエスタンブロット法の意味・解説 

ウエスタンブロット法

Western blott method

【概要】 世界広く採用されている抗体確認検査法。時間がかかり正確だが大量検体処理は難しい。ウイルスの部品個別対す結合抗体判別することができる。原理は、まずウイルスバラバラにして電気泳動分けると、小さいものは遠く飛び大きいものは移動小さバンド状になる。患者血清をかけて反応させると、血清中の抗体が、のバンド結合するかわかる。 

【詳しく】 各バンドが出そろうには数週間以上時間がかかる非特異的に薄い反応がでることもある。陽性判定にはgp160、gp120などenvバンドが2本以上検出されることが必要である。

《参照》 確認検査HIV抗体





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ウエスタンブロット法に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ウエスタンブロット法」の関連用語

ウエスタンブロット法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ウエスタンブロット法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2014, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2014 Food Safety Commission. All Right Reserved.

©2014 Weblio RSS