さすらいの航海とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > さすらいの航海の意味・解説 

さすらいの航海

原題:Voyage of the Damned
製作国:イギリス
製作年:1976
配給:日本ヘラルド映画
スタッフ
監督:Stuart Rosenberg スチュアート・ローゼンバーグ
製作:Robert Fryer ロバート・フライヤー
原作:Gordon Thomas ゴードン・トマス

Max MOrgan Witts マックス・モーガン・ウィッツ
脚本:Steve Shagan スティーブ・シェイガン

David Butler デイヴィッド・バトラー
撮影:Billy Williams ビリー・ウィリアムズ
音楽:Lalo Schifrin ラロ・シフリン
編集:Tom Priestley トム・プリーストリー
衣装(デザイン):Phyllis Dalton フィリス・ダルトン
字幕監修:清水俊二 シミズシュンジ
キャスト(役名
Faye Dunaway フェイ・ダナウェイ (Denise
Oskar Werner オスカー・ヴェルナー (Dr. Egon
Max Von Sydow マックス・フォン・シドー (Captain Schroeder
Malcolm McDowell マルコム・マクダウェル (Max
Lynne Frederick リン・フレデリック (Anna
Lee Grant リー・グラント (Lilian
Katharine Ross キャサリン・ロス (Mira
Orson Welles オーソン・ウェルズ (Jose
Ben Gazzara ベン・ギャザラ (Morris
James Mason ジェームズ・メイソン (Remos)
Jose Ferrer ホセ・フェラー (Manuel
Helmut Griem ヘルムート・グリーム (Otto
Paul Koslo ポール・コスロ (Aaron
Luther Adler ルーサー・アドラー (Professor Weiler
Fernando Rey フェルナンド・レイ (President Bru
Maria Schell マリア・シェル (Mrs. Hauser
Sam Wanamaker サム・ワナメーカー (Carl
Wendy Hiller ウェンディ・ヒラー (Rebecca
Nehemiah Persoff ネーミア・パーソフ (Mr. Hauser
解説
第2次大戦前夜ドイツからユダヤ人を乗せた客船が第2の故郷もとめて旅する姿を描く実話映画化。製作はロバート・フライヤー監督は「新・動く標的」のスチュアート・ローゼンバーグ脚本スティーブ・シェイガンデイヴィッド・バトラー原作ゴードン・トマスマックス・モーガン・ウィッツノンフィクション絶望航海」(早川書房刊)、撮影ビリー・ウィリアムス音楽ラロ・シフリン各々担当出演フェイ・ダナウェイオスカー・ヴェルナーマックス・フォン・シドーマルコム・マクドウェルリン・フレデリックリー・グラントキャサリン・ロスオーソン・ウェルズベン・ギャザラジェームズ・メイソンホセ・フェラーフェルナンド・レイマリア・シェルサム・ワナメーカーなど。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
1939年5月13日ハンブルクよりドイツ客船SSセントルイス号が出港した。乗客ナチ・ドイツから逃れようとする937名のユダヤ人。彼らの胸には、脱出できる喜びと再び故国もどれない悲しみとが交錯する。乗客の顔ぶれもさまざまだ。元弁護士カールサム・ワナメーカー)と妻リリアンリー・グラント)そして彼らの娘アンナリン・フレデリック)、ハバナから仕送りしてくれる娘の元へ行くハウザー夫人マリア・シェル)、ドイツ名家出身デニス(F・ダナウェイ)とベルリン大学教授の夫エーゴンオスカー・ヴェルナー等々。そんな乗客を複雑なおもいで静かに見守る船長シュレーダーマックス・フォン・シドー)だ。船旅快調だったが、やはり暗い影はぬぐいきれなかった。そしてその頃目的地ハバナでは、このユダヤ人達をめぐり、政治的かけひき進行していた。キューバ大統領ブルーフェルナンド・レイ)は、高まる反ユダヤ感情上陸不許可の断を下そうとしていたし、そうなっては困るセントルイス本社では、入国管理一手に握る移民長官マヌエルホセ・フェラー)に根廻しをしている。ユダヤ人救済機関代表のモリスベン・ギャザラ)も、国務長官レモスジェームズ・メイソン)に協力を仰ぎつつも、乗客達の未来は暗かった。同じころ、大実業家ホセオーソン・ウェルズ)も乗客達を待つ男より個人的に彼らの上陸をたのまれている。5月27日、船はハバナ港に入港するが、上陸許可は出ない。乗客の不安はつのっていった。もし、ドイツに戻れば、彼らの行く先強制収容所だ。恐怖にかられカール自殺する。今回航海は、ユダヤ人全世界から嫌われているというナチ宣伝政策だったのだ。そんなある夜娼婦ミーラキャサリン・ロス)は、馴染みの客の力を借りて船をたずねた。実はミーラこそハウザーの娘だったのだ。6月1日ブルー大統領は船に出港命令下した。乗客達が最終目的地としていたアメリカ受け入れてくれないモリス受け入れてくれる国を求めて奔走したが、どの国も難民良い返事は得られなかった。船長付きスチュワートマックス(M・マクドウェル)は、船がハンブルグに戻っていることを、乗客知らせた。彼も実はユダヤ人だったのだ。そしてこの日、彼と愛し合うアンナ2人して自殺する。やり場のない乗客怒りはやがて爆発した。彼らの苦悩いたいほど理解している船長。船はイギリスサセックス沖にさしかかろうとしていた。もし船を出火させ、イギリス海岸無理矢理上陸させれば、そんな思い船長元へ1通の電報が届いた。「オランダフランスイギリス入国許可した。モリス」。かくて、乗客達はナチよりのがれることが出来たが、9月1日ヒットラーポーランド侵攻を命じ、第2次大戦の幕が切って落された--。

さすらいの航海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/18 23:34 UTC 版)

さすらいの航海』(さすらいのこうかい、原題:Voyage of the Damned)は、1976年制作のイギリスの映画第二次世界大戦前夜、ドイツから亡命するユダヤ人を乗せた客船SSセントルイス号英語版が各国から受け入れを拒否されて大西洋上をさまよった実話の映画化。


  1. ^ Thomas, Gordon; Morgan-Witts, Max (1974). Voyage of the Damned. Konecky & Konecky. ISBN 1-56852-579-6. 
  2. ^ 第34回ゴールデングローブ賞 助演女優賞受賞。 Voyage of the Damned - Awards - IMDb
  3. ^ これがデビュー作。


「さすらいの航海」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

さすらいの航海に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「さすらいの航海」の関連用語

さすらいの航海のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

天川疏水

iPad Air 2

MITO125

環椎後頭関節

クスコ

地方自治法施行60周年記念 大分県分 1,000円銀貨幣

アカエイ

OASYS 40AS





さすらいの航海のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのさすらいの航海 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS