かに座とは?

かに座

プレセペ星団が目印春の訪れを告げる星座

日本では春の夜空に見られ3月の夜9時頃に、頭の真上近く輝きます。ふたご座しし座のちょうど真ん中あたりにあり、3等星より明るい星はひとつもないので、みつけにくい星座です。月のない晴れ夜に白くぼうっとしたしみのように、かすかに光って見えるのがプレセペ星団で、この星座中心にあたります。プレセペ星団までの距離は520光年くらいで、100個ほどの恒星が集まってできています。この星団を囲むように4つの星があり、これがかにの甲羅にあたり、そのまわりの暗い星がはさみや足を形づくっています。


日頃の恩返しに自分を犠牲にしてヘラクレスにふみつぶされた化けがに

大神ゼウス人間の女との間に生まれヘラクレスは、生まれる前からゼウス正妻ヘラ呪いを受けて、多くの罪を犯していました。その罪をつぐなうために、ヘラクレス12の難行成し遂げることになり、その1つがレルネの沼に住む9つの頭をもつヒドラ(水蛇)退治でした。そのときヘラ日頃ヒドラから食べ残しをもらったりして世話になっている1匹の化けがにを送って、ヒドラ助太刀をさせました。けれども、化けがにがヘラクレスの足にかみついたところ、たちまちふみつぶされてしまいました。その後ヘラが、このかにを星座にかかげたといわれています。

ロバと「かいばおけ」の星座

プレセペとは、ラテン語で「かいばおけ」(牛や馬にやる枯草を入れる)を意味します。このプレセペ北と南にある星が、「かいばおけ」から「かいば」を食べている2匹のロバとされています。これは酒の神バッカスと、火と鍛冶の神ヘファイストスのものだったロバが、巨人との戦いのときに大きくいなないて巨人を驚かせたという功績をたたえて、「かいばおけとともに天に上げられたといいます。


かに座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/24 01:26 UTC 版)

かに座(蟹座、Cancer)は、黄道十二星座の1つ。トレミーの48星座の1つでもある。星座のほぼ中央にあるM44(プレセペ星団、プレセペ散開星団)が有名である。




  1. ^ 古代ギリシャ語で「蟹」を指す一般名詞。なお、現代ギリシャ語では(特に毛蟹を指す場合)「καβούρι(単数形の場合)」と呼ぶ。
  1. ^ a b c IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2016年10月6日閲覧。
  2. ^ Ian Ridpath. “Star Tales - Cancer”. 2014年2月4日閲覧。
  3. ^ a b 長島晶裕/ORG 『星空の神々 全天88星座の神話・伝承』 新紀元社、2012年ISBN 978-4-7753-1038-0


「かに座」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

かに座に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「かに座」の関連用語

かに座のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ミクロの世界

星座のなりたち

スペースシャトルの機体

人工衛星の地球診断

第1次微小重力科学実験室

STS-55

海王星探査

エドワード・ヒギンス・ホワイト





かに座のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのかに座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS