てんびん座とは?

てんびん座

「く」の字を裏返したような形が目印の暗い星座

日本では夏の南南東夜空輝く星座です。おとめ座さそり座の間にあり、3つの3等星が「く」の字を裏返したような形で並んでいます。ギリシャ時代には、さそり座が爪で支えている天秤、あるいは正義の女神アストレアもっている善悪をはかる天秤だといわれていました。また、2000年上前には秋分点がこの星座にあり、太陽がそこにくると昼と夜長さがちょうど同じになったので、この名がつけられたともいわれています。


人間の善悪をはかる正義の守護神アストレアの天秤

正義の女神アストレアは、2人人間争っているとき、天秤を使って善悪をはかりました。ひとりずつ天秤にのせ、どんなに理屈のとおったことを言っていても、悪い人は秤が下がり、正しい人は上がります。こうして、アストレア人間たちが武器をつくって争うようになった銀の時代時代に、正義を守っていました。しかし、時代入り人間たちは集団武器使い、国と国で争うようになりました。こうなると、さすがのアストレアもどうすることもできず、天上にのぼって星座(おとめ座)になってしまったといいます。そのとき愛用した天秤が、おとめ座足元にあるてんびん座です。


てんびん座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/09 09:07 UTC 版)

てんびん座(天秤座、Libra)は、黄道十二星座の1つ。トレミーの48星座の1つでもある。




  1. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for bet Lib -- Variable Star. 2013年1月14日閲覧。
  2. ^ Kaler, James B. (2006), “Zubeneschamali”, Stars (University of Illinois), http://stars.astro.illinois.edu/sow/zubenes.html 2006年7月3日閲覧。 
  3. ^ 『星百科大事典 改訂版』地人書館 R.バーナムJr.著。951P。ISBN 4-8052-0266-1
  4. ^ a b c 長島晶裕/ORG 『星空の神々 全天88星座の神話・伝承』 新紀元社、2012年ISBN 978-4-7753-1038-0


「てんびん座」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

てんびん座に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「てんびん座」の関連用語

てんびん座のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

おりひめ・ひこぼし

NGC5055

こじし座

はくちょう座

冥王星探査

日本の人工衛星

オリオン座

ラニーニャ





てんびん座のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのてんびん座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS