1959年 ノーベル賞

1959年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/11 01:33 UTC 版)

ノーベル賞

フィクションのできごと

  • 1月14日 - パロマー天文台で撮影された写真の検査中に、オリオン座方面から太陽系へ近づく暗黒星雲が新たに発見される。また、バーリントン・ハウスで開かれたイギリス天文連合英語版の会合で、太陽系の近くに現れた未知の天体の質量によって、木星土星天王星海王星の位置がずれていることが報告される。1月20日にはこの2つの観測結果を元に米英の専門家たちが行った計算によって、16ヶ月後に地球近くに達した暗黒星雲が約1ヶ月の間その場に止まり続けることが導き出される。(小説『暗黒星雲英語版』)[7]
  • 6月 - NATO原爆搭載機が行方不明になり、英米両政府に1億ポンドを要求するSPECTREの脅迫状が届く。Mの特命をうけたジェームズ・ボンドは、バハマへ飛ぶ。(小説『サンダーボール作戦』)
  • 10月2日 - カリフォルニア州のベルモント・ベヴァトロン英語版でウィルコックス=ジョーンズ偏向装置の事故が発生し、偏向を失った陽子ビームが観察台を直撃。見学者7人とガイド1人がチェンバーの床に落下し、ショック状態に陥り意識を失う。(小説『虚空の眼英語版』)[8]
  • 11月22日 - 8月にI.F.チェンバーの事故により肉体を分解されたジョナサン・オスターマン博士が、霊体のみの状態から自身を再構築しジーラ・フラット実験場内に再出現。超人となったオスターマンはペンタゴンの指示の下、翌年3月にスーパーヒーロー「DR.マンハッタン」としての活動を開始する。(漫画『ウォッチメン』)[9]
  • 久遠泰造博士が中東某所の遺跡より、生体金属「イシュタイト」からなる12枚のプレートを発掘。「マルドゥーク銅板」と名付けられたプレートは久遠博士と共同研究者ハインリヒ・コルネリウスによって解析され、後に一部が「霊子力理論」として発表される。(TRPG『フレイムギア』)[10]



  1. ^ チャロナー 2011, p. 752「キルビーとノイスが、パソコンへの道を開く。」
  2. ^ 『日本音声製作者名鑑2004』Vol.1、小学館、2004年、112頁。ISBN 978-4095263014
  3. ^ “重要なお知らせ” (プレスリリース), ZABADAK公式サイト, (2016年7月6日), http://www.zabadak.net/information/2016/0402_20160706_notice.html 2020年10月27日閲覧。 
  4. ^ 飛田展男”. goo人名事典. 2020年11月6日閲覧。
  5. ^ 松本ちえこさん死去 70年代を象徴する記憶に残るアイドルだったAERA dot. (アエラドット) 2019年12月6日
  6. ^ 女優・松本ちえこさんが逝去、60歳『バスボン』のCMで大ブレイク - 週刊女性PRIME 2019年12月6日
  7. ^ フレッド・ホイル『暗黒星雲』法政大学出版局、1974年、11 - 68頁。ISBN 978-4-588-70010-1
  8. ^ フィリップ・K・ディック『虚空の眼』東京創元社、1991年、7・8・25 - 35・66・67・159・160・166頁。ISBN 978-4-488-69608-5
  9. ^ アラン・ムーアデイブ・ギボンズ『WATCHMEN ウォッチメン』小学館集英社プロダクション、2009年、105・112 - 122・138・139頁。ISBN 978-4-7968-7057-3
  10. ^ 高平鳴海、霧岳朔夜/スタジオ因果横暴『ロボットシミュレーションTRPG フレイムギア』新紀元社、2009年、134 - 138頁。ISBN 978-4-7753-0719-9






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1959年」の関連用語

1959年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1959年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1959年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS