性行動 タイプ

性行動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/27 06:43 UTC 版)

タイプ

性行為はいくつかの方法で分類することができそれは自慰行為などの1人(自己官能性とも呼ばれます)での行為、または膣性行為肛門性交オーラルセックスまたは相互オナニーなどの2人以上のを伴う行為である。二人間で性的挿入と記述することができる性交も、性行為に3人以上の参加者がいる場合、それはグループセックスと呼ばれる場合がある。自己性的性行為には、ディルドバイブレーター、バットプラグ、その他の大人のおもちゃの使用が含まれるが、これらのデバイスはパートナーと一緒に使用することもできる。

性行為は、参加者の性別性的指向、および参加者の関係によって分類でき、たとえば結婚関係、親密なパートナー、カジュアルなセックスパートナー、匿名の関係などがある。ほかのたとえばフェティシズムパラフィリア、またはBDSMなどこれらの活動も含め、従来型または代替と見なすことができ[1][2]、フェティシズムは、大きな胸、へそ、足の崇拝など、特定の身体部位に対する欲求からさまざまな形をとることができる。欲望の対象は、多くの場合、靴、ブーツ、ランジェリー、衣類、革またはゴム製品など。型破りな自己官能的慣行はいくつか危険な場合があるがこれらには、性的窒息および自己結合が含まれる。これらのフェティッシュのパートナーバージョン(それぞれ窒息系とボンデージ )に従事しているときに存在する負傷または死亡の可能性も問題が発生した場合の隔離と支援の不足により、自己官能性の場合に劇的に増加していく。

Mating strategies

進化心理学および行動生態学では、人間の交配戦略は、個人が仲間を引き付け、選択し、保持するために使用する一連の行動としている。交配戦略は、繁殖のタイミングと子孫の量と質のトレードオフを含むより広範な行動を含む生殖戦略と重なる( 生活史理論を参照)。

他の動物と比較して、人間の交配戦略は、結婚の制度などの文化的変数との関係において独特である[3]。人間は、長期の親密な関係、結婚、偶然の関係、または友情を形成することを意図して個人を探すことができる。交際への人間の欲求は、人間の最も強い衝動の1つでそれは人間の本質の生来の特徴であり、性的衝動に関連している可能性がある。人間の交配プロセスには、社会的および文化的プロセスが含まれ、それによってある人が別の人と出会い、適性、求愛プロセス、および対人関係を形成するプロセスを評価する。ただし、交配行動におけるヒトと非ヒト動物の間には共通点もある(動物の性行動を参照)。

男性の上に女性を描いたこのインドのカーマスートラの図は、男性の性的興奮に対する生理学的反応の一つである男性の勃起を描いている。

性的刺激中の生理学的覚醒の段階

性的刺激中の生理学的反応は、男性と女性の両方でかなり似ており、4つのフェーズがある[4]

  • 興奮期には、性器内外の筋肉の緊張と血流が増加し、心臓と呼吸が増加し、血圧が上昇します。男性と女性は、上半身と顔の皮膚に「セックスフラッシュ」を経験する。通常、女性のは滑らかになり、クリトリスは勃起し[5]、男性の陰茎も勃起する。
  • 高原期では、心拍数と筋肉の緊張がさらに増加します。男性の膀胱が閉じて、尿と精液が混ざらないようにする。女性のクリトリスはわずかに後退し、より多くの潤滑、外側の腫れ、筋肉の引き締め、直径の縮小が生じる[5]
  • オーガズム段階では、呼吸が非常に速くなり、骨盤筋が一連のリズミカルな収縮を開始。男性と女性の両方が下骨盤筋の筋肉収縮の速いサイクルを経験し、女性はしばしば子宮と膣の収縮を経験。この経験は非常に楽しいものとして説明できるが、女性の約15%がオルガスムを経験することはなく、半数はオーガズムを装ったと報告がある[5]。大きな遺伝的要素は、女性がオルガスムを経験する頻度に関連している[5]
  • 消散段階では、筋肉が弛緩し、血圧が低下し、体が安静状態に戻る。一般的に、女性は不応期を経験せず、したがって最初の直後に追加のオルガスムまたは複数のオルガズムを経験することができると報告されているが[6][7]、さらなる性的刺激が興奮を生じないオルガスムの後の期間で[5][8]、この期間は数分から数日続く場合があり、通常女性より男性の方が長くなる[5]

性的機能障害とは、平均的な健康な人が予測する方法で性的刺激に感情的または身体的に反応できないことでそれは性的反応サイクルのさまざまな段階、つまり欲望、興奮、オルガスムに影響を与える可能性があるが[9]、マスメディアでは、性機能障害はしばしば男性に関連、実際には、男性(31パーセント)よりも女性(43パーセント)でより一般的に観察されている[10]

動機

人々は、考えられるさまざまな理由で性的活動を行う。性的活動の主な進化上の目的は生殖であるが、大学生の研究は、人々が4つの一般的な理由で性を持っていることを示唆。肉体的な魅力感情的なつながりを増やすこと、不安緩和する[11]などである。

ほとんどの人は、特にオーガズムを達成できれば、セクシュアリティ興奮に由来する喜びのため、性的活動に従事する。性的興奮は、前戯やいちゃつき、フェチやBDSMの活動[12][13]、またはその他の性的活動からも経験できる。最も一般的には人々は性的魅力を感じる人によって生成された性的欲求のために性的活動に従事している。しかし、カジュアルセックスやソーシャルセックスの場合のように、他の人を惹きつけない場合に達成する身体的満足のために性的活動に従事する場合もあり[14]時には、パートナーに対する義務や、パートナーに対する愛情、同情などのために、パートナーの性的快楽のためだけに性行為を行う場合もある。

人は純粋に金銭的な考慮のために、またはパートナーまたは活動のいずれかから何らかの利点を得るために性的活動に従事する場合もある。男性と女性は受胎の目的で性交をするかもしれないが、一方で嫌いなセックスをする人もいる。これは互いに嫌いな人やいらいらする人の間で起こり、二人の間の対立が性的緊張、魅力、関心を高めることができるという考えに関連している[15]

性的活動は、社会種の相互作用において大きな役割を果たすことが示されている。ジョーン・ラフガーデン Joan Roughgardenは、彼女の著書 『 Diversity、Gender、and Sexuality in Nature and People』で、他の社会種と同じことが人間にも当てはまると仮定、性的活動の目的を探求し、ペアボンディング、グループボンディング、紛争解決、生殖など、そのようなアクティビティによって促進される多くの機能があることを示している[16]

自己決定理論

調査によると、人々は自己決定理論に関連する理由で性行為も行っている。参加者が関係に関連した肯定的な感情を持っている場合、自己決定理論は性的関係にも適用できる。これらの参加者は、罪悪感を感じたり、パートナーシップに強制されたりはせず[17]、そのため研究者は、自己決定の性的動機付けのモデルを提案している。このモデルの目的は、自己決定と性的動機づけを結びつけることで[18]、自己決定の交際関係に関与するときに人々が性的に動機づけられる方法を説明するのに役立ち、性的動機から得られた肯定的な結果(自律性、能力、および関連性の必要性を満たす)をも結び付けている[18]

このモデルに関連する研究によると、自己決定された動機付けのために性的活動に従事した人々は、よりポジティブな心理的幸福を持っていることがわかり[19]、自己決定した理由で性的活動に従事している間、参加者は充実感に対する高いニーズもあった。このニーズが満たされたとき、自分自身について気分が良くなっている。これは、パートナーとの密接な関係および関係における全体的な満足度の向上と相関している[19]。Females also had higher satisfaction and 両者が自己決定した理由で性的活動に従事したが、男性と女性の間でいくつかの違いが見られた。女性は男性よりも自己決定した理由で性的活動に従事する動機が強いと結論付けられた[20]。また、女性は男性よりも満足度と人間関係の質が高かった[20]。全体として、研究では、デートのカップルが自己決定した理由で性的活動に参加した場合、心理的幸福、性的動機付け、および性的満足はすべて正の相関があると結論付けている[20]


  1. ^ Sex and Relationships”. Channel 4. 2009年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月30日閲覧。
  2. ^ Improve your orgasm: you may have thought your sexual pleasure was the one thing that couldn't get any better. Think again – Sexual Fitness – physiology | Men's Fitness”. Findarticles.com. 2012年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月30日閲覧。
  3. ^ Low, B. S. (2007). Ecological and socio-cultural impacts on mating and marriage. Oxford Handbook of Evolutionary Psychology, 449.
  4. ^ Daniel L. Schacter; Daniel T. Gilbert; Daniel M. Wegner (2010). Psychology. Macmillan. pp. 335–336. ISBN 978-1429237192. https://books.google.com/?id=emAyzTNy1cUC&pg=PA335&q=Men%20and%20women%20may%20have%20different%20levels%20of%20sexual%20drive%2C%20but%20their%20physiological%20responses%20during%20sex%20are%20fairly%20similar. 2012年11月10日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f Daniel L. Schacter; Daniel T. Gilbert; Daniel M. Wegner (2010). Psychology. Macmillan. pp. 335–336. ISBN 978-1429237192. https://books.google.com/?id=emAyzTNy1cUC&pg=PA335&q=Men%20and%20women%20may%20have%20different%20levels%20of%20sexual%20drive%2C%20but%20their%20physiological%20responses%20during%20sex%20are%20fairly%20similar. 2012年11月10日閲覧。 
  6. ^ Rosenthal, Martha (2012). Human Sexuality: From Cells to Society. Cengage Learning. pp. 134–135. ISBN 9780618755714. https://books.google.com/books?id=d58z5hgQ2gsC&pg=PT154 2012年9月17日閲覧。 
  7. ^ The Sexual Response Cycle”. University of California, Santa Barbara. 2011年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月6日閲覧。
  8. ^ Irving B. Weiner; W. Edward Craighead (2010). The Corsini Encyclopedia of Psychology, Volume 2. John Wiley & Sons. p. 761. ISBN 978-0470170267. https://books.google.com/books?id=pa5vKqntwikC&pg=PA761 2012年11月10日閲覧。 
  9. ^ Kontula, O & Mannila, E (2009). Sexual Activity and Sexual Desire. Routledge, 46(1). retrieved 20 August 2012, from here.
  10. ^ Jha S., Thakar R. (2010). “Female sexual dysfunction”. European Journal of Obstetrics & Gynecology and Reproductive Biology 153 (2): 117–123. doi:10.1016/j.ejogrb.2010.06.010. PMID 20678854. 
  11. ^ Meston & Buss, 2007.
  12. ^ Sex and Relationships”. Channel 4. 2009年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月30日閲覧。
  13. ^ “Improve your orgasm: you may have thought your sexual pleasure was the one thing that couldn't get any better. Think again — Sexual Fitness — physiology”. Men's Fitness. オリジナルの2012年5月26日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20120526192917/http://findarticles.com/p/articles/mi_m1608/is_1_18/ai_80957472 
  14. ^ Casual sex - Define Casual sex at Dictionary.com”. Dictionary.com. 2014年12月25日閲覧。
  15. ^ Holbrook, David (1972). The masks of hate: the problem of false solutions in the culture of an acquisitive society. Pergamon Press. p. 118. ISBN 978-0-08-015799-3. https://books.google.com/books?id=rWYIAQAAIAAJ 
  16. ^ Roughgarden, Joan (2004). Diversity, Gender, and Sexuality in Nature and People. University of California Press. ISBN 978-0-520-24073-5. https://books.google.com/books?id=dASsUFtN57sC 
  17. ^ Knee C.R.; Lonsbary C.; Canevello A.; Patrick H. (2005). “Self-determination and conflict in romantic relationships”. J Pers Soc Psychol 89 (6): 997–1009. doi:10.1037/0022-3514.89.6.997. PMID 16393030. 
  18. ^ a b Brunell A.B.; Webster G.D. (2013). “Self-Determination and Sexual Experience in Dating Relationships”. Personality and Social Psychology Bulletin 39 (7): 970–987. doi:10.1177/0146167213485442. PMID 23613122. 
  19. ^ a b Brunell A.B.; Webster G.D. (2013). “Self-Determination and Sexual Experience in Dating Relationships”. Personality and Social Psychology Bulletin 39 (7): 970–987. doi:10.1177/0146167213485442. PMID 23613122. 
  20. ^ a b c Brunell A.B.; Webster G.D. (2013). “Self-Determination and Sexual Experience in Dating Relationships”. Personality and Social Psychology Bulletin 39 (7): 970–987. doi:10.1177/0146167213485442. PMID 23613122. 
  21. ^ David Osbourne (2004年12月2日). “Sexual health: An interview with a Mayo Clinic specialist”. MayoClinic.com. 2005年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月24日閲覧。
  22. ^ Varcarolis, E.M. (1990). Foundations of Psychiatric Mental Health Nursing. New York: W.B. Saunders Company. p. 787. ISBN 978-0-7216-1976-7 
  23. ^ ACOG 2003 Poster, Sociosexual Behavior in Healthy Women”. 2009年1月6日閲覧。
  24. ^ Frequently asked questions to the Kinsey Institute for Research in Sex, Gender, and Reproduction Kinsey Institute”. 2009年1月6日閲覧。
  25. ^ Meece, Judith L. Child and Adolescent Development for Educators. New York: McGraw Hill, 2008. Print.
  26. ^ a b Fortenberry D.J.; Temkit M.; Tu W.; Graham C.A.; Katz B. (2005). “Daily Mood, Partner Support, Sexual Interest, and Sexual Activity Among Adolescent Women”. Health Psychology 24 (3): 252–257. doi:10.1037/0278-6133.24.3.252. PMID 15898860. http://bura.brunel.ac.uk/handle/2438/4803. 
  27. ^ Xiaojun Chen, Xuerui Tan, Qingying Zhang, " Cardiovascular effects of sexual activity", Medknow Publications, December 2009
  28. ^ Can I get pregnant if I have sex without penetration?”. National Health Service. 2016年3月11日閲覧。
  29. ^ Dawn Stacey: Contraception. About.com. Retrieved 11 October 2009.
  30. ^ Sexually transmitted infections (STIs)”. World Health Organization. 2015年4月7日閲覧。
  31. ^ King, B. (2009). Human Sexuality Today (Sixth ed.). Upper Saddle River: Pearson Education, Inc.
  32. ^ Ljubin-Sternak, Suncanica; Mestrovic, Tomislav (2014). “Review: Clamydia trachonmatis and Genital Mycoplasmias: Pathogens with an Impact on Human Reproductive Health”. Journal of Pathogens 2014 (183167): 183167. doi:10.1155/2014/183167. PMC 4295611. PMID 25614838. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4295611/. 
  33. ^ An Overview of STIs”. University of California Santa Barbara/soc.ucsb.edu. 2013年10月1日閲覧。
  34. ^ Williams gynecology. Hoffman, Barbara L., Williams, J. Whitridge (John Whitridge), 1866-1931. (2nd ed.). New York: McGraw-Hill Medical. (2012). ISBN 9780071716727. OCLC 779244257 
  35. ^ Prevention (2017年5月2日). “CDC - Lice” (英語). www.cdc.gov. 2017年12月4日閲覧。
  36. ^ Prevention (2017年5月2日). “Lice: Pubic” (英語). www.cdc.gov. 2017年12月4日閲覧。
  37. ^ Kontula, O., & Haavio-Mannila, E. The Impact of Aging on Human Sexual Activity and Sexual Desire" Journal of Sex Research 46(10), 46–56.
  38. ^ Sex Offenders and Sex Offenses: Overview. From FindLaw. Retrieved 13 October 2009.
  39. ^ Psychology Help Center”. Apahelpcenter.org. 2007年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月30日閲覧。
  40. ^ What is the nature of same-sex relationships? American Psychological Association, Retrieved 25 December 2014
  41. ^ “Sexual Orientation, Homosexuality, and Bisexuality”. APAHelpCenter.org. http://www.apa.org/helpcenter/sexual-orientation.aspx 2012年9月18日閲覧。 
  42. ^ GLAAD Media Reference Guide”. Gay & Lesbian Alliance Against Defamation. 2011年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月18日閲覧。
  43. ^ Rosario M.; Schrimshaw E.; Hunter J.; Braun L. (2006). “Sexual identity development among lesbian, gay, and bisexual youths: Consistency and change over time”. Journal of Sex Research 43 (1): 46–58. doi:10.1080/00224490609552298. PMC 3215279. PMID 16817067. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3215279/. 
  44. ^ The American Heritage Dictionary of the English Language – Fourth Edition. Retrieved 9 February 2007, from Dictionary.com website
  45. ^ What is Bisexuality?”. The Bisexual Index. 2011年3月14日閲覧。
  46. ^ Soble, Alan (2006). “Bisexuality”. Sex from Plato to Paglia: a philosophical encyclopedia. 1. Greenwood Publishing Group. p. 115. ISBN 978-0-313-32686-8. https://books.google.com/books?id=IMTEiTtqqPcC 2011年2月28日閲覧。 
  47. ^ Pansexuality”. UCSB SexInfo Online. University of California, Santa Barbara (2009年12月15日). 2010年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月25日閲覧。
  48. ^ Diamond, L., & Butterworth, M. (2008). Questioning gender and sexual identity: Dynamic links over time. Sex Roles. Published online 29 March 2008.
  49. ^ Definition of pansexual – Oxford Dictionaries (British & World English)”. Oxford Dictionaries (2012年8月9日). 2011年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月15日閲覧。
  50. ^ The Joy of Sex A Gourmet Guide to Lovemaking (1972) by Alex Comfort.
  51. ^ Hedonism, 20 April 2004 Stanford Encyclopedia of Philosophy
  52. ^ Bergstrand, Curtis; Blevins Williams, Jennifer (10 October 2000). “Today's Alternative Marriage Styles: The Case of Swingers”. Electronic Journal of Human Sexuality 3. http://www.ejhs.org/volume3/swing/body.htm 2010年1月24日閲覧。. 
  53. ^ T.G.V. (2002年8月27日). “World report on violence and health – World Health Organization”. 2014年12月25日閲覧。
  54. ^ WHO – Female genital mutilation”. 2014年12月25日閲覧。
  55. ^ BBC – Ethics: Honour Crimes”. 2014年12月25日閲覧。
  56. ^ Paragraph 7.34 of the ICPD Programme of Action”. Sexuality and Gender Relations. 2007年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月25日閲覧。
  57. ^ a b c Hébert, Ali; Weaver, Angela (1 January 2015). “Perks, problems, and the people who play: A qualitative exploration of dominant and submissive BDSM roles”. The Canadian Journal of Human Sexuality 24 (1): 49–62. doi:10.3138/cjhs.2467. 
  58. ^ a b Hébert, Ali; Weaver, Angela (1 January 2015). “Perks, problems, and the people who play: A qualitative exploration of dominant and submissive BDSM roles”. The Canadian Journal of Human Sexuality 24 (1): 49–62. doi:10.3138/cjhs.2467. 
  59. ^ a b c Halpern-Feisher B.L.; Cornell J.L.; Kropp R.Y.; Tschann J.M. (2005). “Oral Versus Vaginal Sex Among Adolescents: Perceptions, Attitudes, and Behaviour”. Pediatrics 115 (4): 845–851. doi:10.1542/peds.204-2108. 
  60. ^ Waites, Matthew (2005). The Age of Consent: Young People, Sexuality and Citizenship. Palgrave Macmillan. ISBN 978-1-4039-2173-4 
  61. ^ a b c Kopple-Wolf.com”. Kopple-Wolf.com. 2013年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月30日閲覧。
  62. ^ a b People vs Floers: 126545: April 21, 1999: J. Gonzaga-Reyes: En Banc”. Supreme Court of the Philippines (1999年4月21日). 2014年12月25日閲覧。 “WHEREFORE, the judgment of the court a quoconvicting Lorenzo Andaya of the crime of rape is hereby AFFIRMED...”
  63. ^ a b G.R. No. 126545”. Lawphil.net. 2013年6月30日閲覧。
  64. ^ 348 SE2d 486 (Affirmed)”. Lawskills.com (1986年7月15日). 2014年12月25日閲覧。 “The defendant appeals his conviction for aggravated sodomy (OCGA 16-6-2 (a)) on a five-year-old child victim.”
  65. ^ G.R. No. 126921”. Lawphil.net. 2013年6月30日閲覧。
  66. ^ “Canada's age of consent raised by 2 years”. CBC News. (2008年5月1日). http://www.cbc.ca/news/canada/canada-s-age-of-consent-raised-by-2-years-1.754941 2009年3月22日閲覧。 
  67. ^ Lawrence Greenfeld (1997年2月6日). “Sex Offenses and Offenders”. U.S. Department of Justice. 2014年12月25日閲覧。
  68. ^ Prostitution Market Value”. 2010年5月22日閲覧。
  69. ^ The prostitution of women and girls – Page 5; Ronald B. Flowers – 1998
  70. ^ Flowers, R. Barri (2010). Street kids: the lives of runaway and thrownaway teens. McFarland. pp. 110–112. ISBN 978-0-7864-4137-2 
  71. ^ Hope Ditmore, Melissa (2010). Prostitution and Sex Work (Historical Guides to Controversial Issues in America). Greenwood. p. 4. ISBN 978-0-313-36289-7. https://www.amazon.com/Prostitution-Historical-Controversial-America-ebook/dp/B004H0O9R4 
  72. ^ Kelly, Sanja, Julia Breslin (2010). Women's Rights in the Middle East and North Africa: Progress Amid Resistance (Freedom in the World). Freedom House / Rowman & Littlefield Publishers. p. 556. ISBN 978-1-4422-0396-9 






性行動と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「性行動」の関連用語

性行動のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



性行動のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの性行動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS