ガボン 国際関係

ガボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 11:19 UTC 版)

国際関係

建国以来、旧宗主国であるフランスとの関係が非常に強い[22]。これは初代ムバ大統領以来、親フランス派の大統領が続き、政治的・経済的に密接な関係を築いてきたことによる。フランスは2016年の政府開発援助の31%を占める筆頭援助国である[23]。周辺諸国とは、1964年に中部アフリカ関税経済同盟を結成し、1994年にはこれが中部アフリカ経済通貨共同体に改組された。

日本との関係

  • 在留日本人数 - 73名(2018年7月現在)[24]
  • 在日ガボン人数 - 23名(2017年12月現在)[25]

軍事

同国の軍隊は、陸軍海軍空軍憲兵隊の4つに別けられている。また、約5,000人の小規模な専門軍が設けられており、管轄には現地の警察も一部ほど関わっている。

地理

地形図

国土中央部を西から東へオゴウェ川が貫流しており、この流域がガボンの主な領域となっている。大西洋沿岸は平野となっており、オゴウェ川下流にはデルタが広がっているが、内陸に入ると北部のクリスタル山地や南部のマヨンベ山地といった急崖が存在し標高が450mほど上がる。急崖の東は高原となっており、オゴウェ川の支流が刻む渓谷によってシャイユ山地などいくつかの山地に分割される[26]。東部のコンゴ共和国との国境は山地となっており、おおむねオゴウェ川流域とコンゴ川流域の分水界に沿って国境線が引かれている[27]。北西の赤道ギニアとの国境はほぼ直線からなる非常に人工的な境界となっているが、一部はムニ川の河口部分が両国の国境となっている[28]。なお、ムニ川河口のやや沖合に浮かぶコリスコ島は両国の係争地となっている。国土の最西端はポールジャンティ市のすぐ西にあるロペス岬であり、そこから南の海岸はマングローブラグーンが多い[29]

国土の88.5%(2014年)が森林[30]、近隣諸国と比べ人口密度が低いため、手つかずの豊かな自然が多く残されている。アフリカ森林には、ゾウ、ゴリラ、チンパンジーなどの大型哺乳類が多数生息している。

多様な自然環境を含む、13の国立公園がある。国立公園の総面積は実に国土の11%を占める。ガボン政府は自然環境の保全に力を入れており、中部のロペ国立公園や、大西洋岸のロアンゴ国立公園ではエコツーリズムが導入されている。また、南西部ニャンガ州に位置するムカラバ・ドゥドゥ国立公園(Parc National de la Moukalaba-Doudou)では、日本人研究グループによる大型類人猿の長期野外研究プロジェクトが進められている。また、2007年にのロペ=オカンダ生態系と残存文化的景観が複合遺産として世界遺産に登録された。

気候は国土のほとんどがサバナ気候(Aw)であるが、首都リーブルヴィルを含む北部や東部の一部は熱帯モンスーン気候(Am)となっている。首都リーブルヴィルの降雨量は2510mmであり[31]、雨季の9 - 5月が毎月約300ミリだが、乾季の6 - 8月は3ヶ月で35ミリと極端に少ない。1日の最高気温は平均29 - 30度、最低気温は20 - 23度である。

地方行政区分

ガボンの州。数字はアルファベット順。

ガボンは9つの州に分かれている(括弧内の地名は、州庁所在地)。

  1. エスチュエール州 Estuaire (リーブルヴィル)
  2. オートオゴウェ州 Haut-Ogoouéフランスヴィル)
  3. モワイエン・オゴウェ州 Moyen-Ogooué (ランバレネ)
  4. ングニエ州 Ngounié (ムイラ)
  5. ニャンガ州 Nyanga (チバンガ英語版)
  6. オゴウェ・イヴィンド州 Ogooué-Ivindo (マコクー英語版)
  7. オゴウェ・ロロ州 Ogooué-Lolo (クラムトゥ)
  8. オゴウェ・マリティム州 Ogooué-Maritime (ポルジャンティ)
  9. ウォレウ・ンテム州 Woleu-Ntem (オイェム)

主要都市

最大都市は首都のリーブルヴィルであり、2013年の人口は70万人に達する[32]。リーブルヴィルは19世紀にフランスが解放奴隷を入植させた港湾都市であり、以来この地域の政治の中心地となってきた。これに次ぐのは、オゴウェ川河口に近い海港都市ポールジャンティ(13万6,000人、2013年)である[33]。ポールジャンティは河川舟運と海運の結節点であり、植民地時代から木材の輸出港として栄えてきたほか、独立後は沖合の海底油田開発の拠点都市ともなっている[34]。第3の都市は東部の森林地帯に位置するフランスヴィル(11万人、2013年)である[35]。フランスヴィルはトランスガボン鉄道の終着点であり、内陸部の森林・鉱山の開発拠点であるほか、ボンゴ大統領一族の出身地に近く、政府の重点的な開発投資を受けてきた[36]。このほか、中部のランバレネアルベルト・シュヴァイツァーが生涯を医療活動に捧げた地である[37]


  1. ^ a b c d IMF Data and Statistics 2009年7月18日閲覧([1]
  2. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p92 二宮書店 平成30年1月10日発行
  3. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』、朝倉書店  p110 ISBN 4254166621
  4. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』、朝倉書店  p110-111 ISBN 4254166621
  5. ^ 「世界現代史15 アフリカ現代史3」p63 小田英郎 山川出版社 昭和61年3月30日1版1刷発行
  6. ^ 「西部・中部アフリカ」(ベラン世界地理体系9)p223 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2017年1月15日初版第1刷
  7. ^ 「世界現代史15 アフリカ現代史3」p64-65 小田英郎 山川出版社 昭和61年3月30日1版1刷発行
  8. ^ 「世界現代史15 アフリカ現代史3」p84-85 小田英郎 山川出版社 昭和61年3月30日1版1刷発行
  9. ^ 「世界現代史15 アフリカ現代史3」p106-107 小田英郎 山川出版社 昭和61年3月30日1版1刷発行
  10. ^ 「世界現代史15 アフリカ現代史3」p114 小田英郎 山川出版社 昭和61年3月30日1版1刷発行
  11. ^ 「世界現代史15 アフリカ現代史3」p125-126 小田英郎 山川出版社 昭和61年3月30日1版1刷発行
  12. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』、朝倉書店  p111 ISBN 4254166621
  13. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、126-130ページ ISBN 4-7947-0523-9
  14. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/gabon/data.html 「ガボン基礎データ」日本国外務省 令和元年11月5日 2020年1月7日閲覧
  15. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/2609534?cx_part=search 「ガボン大統領が死去、政府が発表」AFPBB 2009年6月9日 2020年1月4日閲覧
  16. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/2638294?cx_part=search 「ガボン大統領選めぐり暴動、3人死亡」AFPBB 2009年9月7日 2020年1月4日閲覧
  17. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/3099312?cx_part=search 「ガボン議会にデモ隊が放火、大統領再選に怒り」AFPBB 2016年9月1日 2020年1月4日閲覧
  18. ^ “産油国ガボンでクーデターか 大統領批判の声明”. 日本経済新聞. (2019年1月7日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO3971226007012019910M00?s=0 2019年1月8日閲覧。 
  19. ^ “アフリカ・ガボンでクーデター未遂、関与者の大半を逮捕”. AFPBB. (2019年1月7日). http://www.afpbb.com/articles/-/3205342?cx_amp=all&act=all 2019年1月8日閲覧。 
  20. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/3099312?cx_part=search 「ガボン議会にデモ隊が放火、大統領再選に怒り」AFPBB 2016年9月1日 2020年4月15日閲覧
  21. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/3099312?cx_part=search 「ガボン議会にデモ隊が放火、大統領再選に怒り」AFPBB 2016年9月1日 2020年4月15日閲覧
  22. ^ 「DATA ATLAS」同朋社出版 p364 1995年4月26日発行
  23. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/gabon/data.html#01 「ガボン基礎データ」日本国外務省 令和2年1月23日 2020年4月15日閲覧
  24. ^ 外務省 ガボン基礎データ
  25. ^ 外務省 ガボン基礎データ
  26. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』、朝倉書店  p108 ISBN 4254166621
  27. ^ 「西部・中部アフリカ」(ベラン世界地理体系9)p223 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2017年1月15日初版第1刷
  28. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』、朝倉書店  p318 ISBN 4254166621
  29. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』、朝倉書店  p108 ISBN 4254166621
  30. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p263 二宮書店 平成30年1月10日発行
  31. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p263 二宮書店 平成30年1月10日発行
  32. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p263 二宮書店 平成30年1月10日発行
  33. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p263 二宮書店 平成30年1月10日発行
  34. ^ 「西部・中部アフリカ」(ベラン世界地理体系9)p246-248 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2017年1月15日初版第1刷
  35. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p263 二宮書店 平成30年1月10日発行
  36. ^ 「西部・中部アフリカ」(ベラン世界地理体系9)p248 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2017年1月15日初版第1刷
  37. ^ 「西部・中部アフリカ」(ベラン世界地理体系9)p232 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2017年1月15日初版第1刷
  38. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p263 二宮書店 平成30年1月10日発行
  39. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』、朝倉書店  p108 ISBN 4254166621
  40. ^ 「西部・中部アフリカ」(ベラン世界地理体系9)p247 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2017年1月15日初版第1刷
  41. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p264 二宮書店 平成30年1月10日発行
  42. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p264 二宮書店 平成30年1月10日発行
  43. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』、朝倉書店  p116 ISBN 4254166621
  44. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』、朝倉書店  p116 ISBN 4254166621
  45. ^ 「ビジュアル データ・アトラス」p365 同朋舎出版 1995年4月26日初版第1刷
  46. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』、朝倉書店  p116 ISBN 4254166621
  47. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/energy/opec/opec.html 「石油輸出国機構(OPEC:Organization of the Petroleum Exporting Countries)の概要」日本国外務省 平成31年1月4日 2020年4月15日閲覧
  48. ^ 「各国別 世界の現勢Ⅰ」(岩波講座 現代 別巻Ⅰ)p358 1964年9月14日第1刷 岩波書店
  49. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p264 二宮書店 平成30年1月10日発行
  50. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』、朝倉書店  p114 ISBN 4254166621
  51. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p264 二宮書店 平成30年1月10日発行
  52. ^ 「世界の鉄道」p343 一般社団法人海外鉄道技術協力協会著 ダイヤモンド・ビッグ社 2015年10月2日初版発行
  53. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』、朝倉書店  p116 ISBN 4254166621
  54. ^ 「西部・中部アフリカ」(ベラン世界地理体系9)p246 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2017年1月15日初版第1刷
  55. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』、朝倉書店  p110 ISBN 4254166621
  56. ^ 「各国別 世界の現勢Ⅰ」(岩波講座 現代 別巻Ⅰ)p358 1964年9月14日第1刷 岩波書店
  57. ^ 『アフリカを知る事典』、平凡社、ISBN 4-582-12623-5 1989年2月6日 初版第1刷 p.92
  58. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p263 二宮書店 平成30年1月10日発行
  59. ^ 「西部・中部アフリカ」(ベラン世界地理体系9)p246 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2017年1月15日初版第1刷
  60. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p263 二宮書店 平成30年1月10日発行
  61. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』、朝倉書店  p109 ISBN 4254166621
  62. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p263 二宮書店 平成30年1月10日発行
  63. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p263 二宮書店 平成30年1月10日発行
  64. ^ International Religious Freedom Report 2007: Gabon. United States Bureau of Democracy, Human Rights and Labor (September 14, 2007)
  65. ^ 『ブリタニカ国際大百科事典』4巻カイリ―カン、「ガボン」、TBSブリタニカ、pp.501
  66. ^ 無料、有料ドメイン”. Freenom. 2020年5月24日閲覧。
  67. ^ 安全情報・治安情勢に関するお知らせ | 在ガボン日本国大使館
  68. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/2838349?cx_part=search 「アフリカ・ネイションズ・カップ、予選グループの組み合わせが決まる」AFPBB 2011年10月31日 2020年1月4日閲覧






ガボンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ガボン」の関連用語

ガボンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ガボンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガボン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS