ガボン ガボンの概要

ガボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/11 02:57 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ガボン共和国
République Gabonaise
ガボンの国旗 ガボンの国章
国旗 (国章)
国の標語:Union Travail Justice
(フランス語:団結、勤労、公正)
国歌La Concorde
ガボンの位置
公用語 フランス語
首都 リーブルヴィル
最大の都市 リーブルヴィル
政府
大統領 アリー・ボンゴ・オンディンバ
首相 ジュリアン・ンコゲ・ベカレ
面積
総計 267,667km274位
水面積率 3.7%
人口
総計(2012年 1,630,000人(???位
人口密度 5人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2008年 6兆5016億[1]CFAフラン
GDP (MER)
合計(2008年 145億[1]ドル(107位
GDP (PPP)
合計(2008年210億[1]ドル(113位
1人あたり 14,477[1]ドル
独立
 - 日付
フランスから
1960年8月17日
通貨 CFAフラン (XAF)
時間帯 UTC (+1)(DST:なし)
ISO 3166-1 GA / GAB
ccTLD .ga
国際電話番号 241

2019年1月7日ガボン軍の将校らによるクーデター未遂事件が発生した[2][3]。国営ラジオ局が一時占拠されたが、犯行グループは後に逮捕されている。

国名

正式名称はフランス語で République Gabonaise (レピュブリック・ガボネーズ)。通称 Gabon(ガボン)。

国名の由来はポルトガル語の Gabão(水夫外套の意)から来ている。理由として、この国を流れるオゴウェ川の河口にある小高い丘の形状が水夫用外套のフードを広げたような形であったことから、大航海時代のポルトガル人がそれを指して叫んだことに因るものとする説がある。

公式の英語表記は Gabonese Republic (ガボニーズ・リパブリック)。通称 Gabon (ガボン)。

日本語の表記はガボン共和国。通称ガボン漢字表記加蓬

歴史

先住民としてバントゥー系民族が暮らしていた。

奴隷貿易

15世紀末にポルトガル人が渡来し、奴隷貿易を行った。ついで、オランダイギリスフランスが進出してきた。この地は奴隷貿易と象牙の集散地として栄えた。

フランス植民地時代

1885年にこの地域をフランスが占領した。1910年フランス領赤道アフリカの一部となり、この状態は1959年まで続いた。なお、アルベルト・シュヴァイツァーランバレネで医療・伝道活動を行っていたのは、このフランス領赤道アフリカ成立直後のことである。

独立

Topographic map of Gabon-en.svg

1960年8月17日にガボン共和国として独立した。ガボンの初代大統領は1961年に選挙で選ばれたレオン・ムバである。ムバは1967年に死亡し、副大統領のオマール・ボンゴ・オンディンバがその跡を継いだ。ボンゴ大統領は1993年末の大統領選挙で5選を果たし、2009年6月8日に死去するまで41年余の長期にわたって大統領職を続けた。現在は息子で副大統領だったアリー・ボンゴ・オンディンバが第3代大統領を務めている。




  1. ^ a b c d IMF Data and Statistics 2009年7月18日閲覧([1]
  2. ^ “産油国ガボンでクーデターか 大統領批判の声明”. 日本経済新聞. (2019年1月7日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO3971226007012019910M00?s=0 2019年1月8日閲覧。 
  3. ^ “アフリカ・ガボンでクーデター未遂、関与者の大半を逮捕”. AFPBB. (2019年1月7日). http://www.afpbb.com/articles/-/3205342?cx_amp=all&act=all 2019年1月8日閲覧。 
  4. ^ 外務省 ガボン基礎データ
  5. ^ 外務省 ガボン基礎データ
  6. ^ International Religious Freedom Report 2007: Gabon. United States Bureau of Democracy, Human Rights and Labor (September 14, 2007)
  7. ^ 『ブリタニカ国際大百科事典』4巻カイリ―カン、「ガボン」、TBSブリタニカ、pp.501


「ガボン」の続きの解説一覧



ガボンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ガボン」の関連用語

ガボンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ガボンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガボン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS