イヌ 分布

イヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/14 14:59 UTC 版)

イヌ学名Canis lupus familiarisラテン語名:canis英名dogdomestic dog)は、食肉目イヌ科イヌ属に分類される哺乳類の一種である。属名 Canis種小名 lupus はラテン語でそれぞれ「犬」「」の意。亜種familiaris はラテン語で、「家庭に属する」といった意味である。広義には、イヌ科動物全般を指すこともある(後述)。


注釈

  1. ^ 既知の有力説の一つを記載。異説多数あり。
  2. ^ この行為は恐怖を感じた時にも行なう場合がある。
  3. ^ 産経新聞による厚生労働省への取材では、接種率は2020年の犬の登録総数の7割にとどまっている。未登録犬を含めると、接種率は実質4割程度に留まっていると推測される。本邦においては狂犬病は100%根絶されたと認識されがちであるが、2006年、2020年と狂犬病による死者は国内にて発生している。
  4. ^ 愛護動物とは、牛、馬、豚、めん羊、山羊、、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる。人が占有している動物で哺乳類、鳥類、爬虫類に属するもの。
  5. ^ 身体に外傷が生ずるおそれのある暴行を加え、又はそのおそれのある行為をさせること、みだりに、給餌若しくは給水をやめ、酷使し、その健康及び安全を保持することが困難な場所に拘束し、又は飼養密度が著しく適正を欠いた状態で愛護動物を飼養し若しくは保管することにより衰弱させること、自己の飼養し、又は保管する愛護動物であって疾病にかかり、又は負傷したものの適切な保護を行わないこと、排せつ物の堆積した施設又は他の愛護動物の死体が放置された施設であって自己の管理するものにおいて飼養し、又は保管することその他の虐待
  6. ^ 同じ行動を過度に繰り返す症状。自分の尻尾を追うようにぐるぐる回るなど。
  7. ^ この論文は、学術誌「プリベンティブ・ベテリナリー・メディスン(Preventive Veterinary Medicine)」に掲載されている。
  8. ^ 母乳中の乳糖の割合は、イヌで3.1%、ウシで4.7%、人間ではさらに高く6.1 - 6.8%も含んでいる。

出典

  1. ^ a b Anthea Gentry, Juliet Clutton-Brock, Colin P. Groves, “The naming of wild animal species and their domestic derivates,” Journal of Archaeological Science, Volume 31, Issue 5, Elsevier, 2004, Pages 645-651.
  2. ^ 世界の犬”. 一般社団法人ジャパンケネルクラブ. 2023年8月20日閲覧。
  3. ^ 季節の変わり目に起こる「換毛期」”. 東福岡たぬま動物病院 (2023年3月28日). 2023年7月19日閲覧。
  4. ^ 犬の換毛期はいつ?時期はずれにも毛が抜ける理由や抜け毛対策をご紹介”. Honda公式サイト. 2023年7月19日閲覧。
  5. ^ 暑さ対策に効果的? 犬のサマーカットって実際どうなの?|いぬのきもちWEB MAGAZINE”. dog.benesse.ne.jp (2019年7月2日). 2023年7月19日閲覧。
  6. ^ 歯が生えてこない、、、なんで?? – 犬猫医療センター笠松動物病院”. 2023年7月19日閲覧。
  7. ^ 田村, 和也「犬の歯周病病態進行に対する食性の影響の検討」2021年10月10日、doi:10.11266/jpan.24.2_S23 
  8. ^ 欠歯・埋伏歯<犬の病気>”. みんなのどうぶつ病気大百科. 2023年7月19日閲覧。
  9. ^ Axelsson E, Ratnakumar A, Arendt ML, Maqbool K, Webster MT, Perloski M, Liberg O, Arnemo JM, Hedhammar A, Lindblad-Toh K (2013). “The genomic signature of dog domestication reveals adaptation to a starch-rich diet”. Nature 495 (7441): 360-4. doi:10.1038/nature11837. 
  10. ^ バーニーズの水の飲み方の秘密をHX-A100が捉えた. 8 June 2013. 2019年5月6日閲覧
  11. ^ 真相が明らかに!犬はどうやって水を飲む?”. dogactually. 2016年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月6日閲覧。
  12. ^ 水を飲む「犬の舌」を本気で観察”. Yahoo!映像トピックス. 2019年5月6日閲覧。
  13. ^ a b 雅雄, 宮崎 (2016). “哺乳動物の嗅覚コミュニケーション”. におい・かおり環境学会誌 47 (1): 25–33. doi:10.2171/jao.47.25. https://www.jstage.jst.go.jp/article/jao/47/1/47_25/_article/-char/ja/. 
  14. ^ おさかな雑学研究会『頭がよくなるおさかな雑学大事典』幻冬舎〈幻冬舎文庫〉、2002年、123頁。ISBN 4344402944 
  15. ^ 犬は人間のストレスを嗅ぎわけられる。新研究で明らかに”. HUFFPOST (2022年9月29日). 2022年10月8日閲覧。
  16. ^ Bálint, Anna (2020年2月28日). “Dogs can sense weak thermal radiation” (英語). Scientific Reports. pp. 3736. doi:10.1038/s41598-020-60439-y. 2023年7月19日閲覧。
  17. ^ 犬の鼻には「熱放射」の感知能力があることが判明”. ナゾロジー (2020年3月3日). 2023年7月19日閲覧。
  18. ^ Hunde können Wärme riechen” (ドイツ語). Der Spiegel (2020年3月2日). 2023年7月19日閲覧。
  19. ^ ニューズウィーク2023年5月30日, p. 23.
  20. ^ 目からビーム?! 写真撮影で犬の目が光る理由を獣医師に聞いてみた|いぬのきもちWEB MAGAZINE”. dog.benesse.ne.jp (2021年11月12日). 2023年7月19日閲覧。
  21. ^ a b 犬の視力は犬種によって違うらしい”. わんちゃんホンポ (2018年8月7日). 2023年7月19日閲覧。
  22. ^ 国立国会図書館. “動物の味の感じ方について分かる児童書が読みたい。”. レファレンス協同データベース. 2023年7月19日閲覧。
  23. ^ a b 犬にも味覚はある?どんな味をおいしいと感じる?”. わんちゃんホンポ (2022年6月29日). 2023年7月19日閲覧。
  24. ^ Oberbauer, Anita M.; Larsen, Jennifer A. (2021). Wu, Guoyao. ed (英語). Amino Acids in Dog Nutrition and Health. 1285. Cham: Springer International Publishing. pp. 199–216. doi:10.1007/978-3-030-54462-1_10. ISBN 978-3-030-54461-4. https://link.springer.com/10.1007/978-3-030-54462-1_10. 
  25. ^ パンティングとは何か。犬の異常なパンティングは肺や心臓の病気かも”. ペットの情報サイト「ペッター」. 2016年9月13日閲覧。
  26. ^ a b c 犬の交配に関する基本と注意~メス犬の発情周期からオス犬探しまで”. 子犬のへや. 2019年5月5日閲覧。
  27. ^ a b Linda P. Case (2023). The Dog: Its Behavior, Nutrition, and Health. Wiley-Blackwell. p. 65. ISBN 9781119036760 
  28. ^ PKJ規約 繁殖および犬の譲渡に関する倫理要綱 繁殖のための諸手続き - 交配の手続き - 5.「交配写真」”. ブラシュスキー・クリサジーク・クラブ・オブ・ジャパン. 2019年5月5日閲覧。
  29. ^ 乳母になれる犬の話”. 南大阪動物医療センター. 2019年5月5日閲覧。
  30. ^ 虎の赤ちゃんを育てるお母さんシェパード!母性は種を超える”. エキサイトニュース (2012年11月26日). 2019年5月5日閲覧。
  31. ^ “杭州 ホワイトライオンを育てる「イヌの乳母」”. 人民日報. (2014年4月28日). http://j.people.com.cn/94638/94659/8611368.html 
  32. ^ 写メ・ハナキン…、「おじさん言葉」受け流し術”. 東洋経済オンライン. 2019年9月16日閲覧。
  33. ^ “世界最高齢の犬「ボビ」、31歳おめでとう”. 朝日新聞. (2023年5月16日). https://www.asahi.com/articles/DA3S15637533.html 2024年1月17日閲覧。 
  34. ^ a b “Claims about genuine age of Bobi, world’s oldest dog, to be investigated”. The Guardian. ガーディアン. (2023年10月29日). https://www.theguardian.com/world/2023/oct/29/claims-about-genuine-age-of-bobi-worlds-oldest-dog-to-be-investigated 2024年1月17日閲覧。 
  35. ^ “「世界最高齢の犬」に疑惑 ギネス、記録を一時停止”. AFPBB News. フランス通信社. (2024年1月17日). https://www.afpbb.com/articles/-/3500633 2024年1月17日閲覧。 
  36. ^ - Explore Records - Guinness World Records”. 2014年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月7日閲覧。
  37. ^ 世界一の長寿犬「ぷースケ」、26歳9カ月大往生 日本経済新聞ニュースサイト掲載の共同通信記事(2011年12月6日)2023年5月20日閲覧
  38. ^ 犬の「ごめんなさい」の姿勢は飼い主の態度に反応しているだけ?(英研究) 2015年10月22日 the WOOF
  39. ^ 「子犬のような目」で飼い主を操作? 研究 AFPBB(2017年10月20日)
  40. ^ 「犬は怖がっている人間にかみつく」は本当か 毎日新聞「医療プレミア」(2018年2月28日 )
  41. ^ “犬も人間みたいに嫉妬する!?大学研究でわかった3つのサイン”. ダイヤモンド・オンライン. (2021年4月24日). https://diamond.jp/articles/-/268994 2021年4月25日閲覧。 
  42. ^ 「犬は飼い主と再会するとうれし泣きの涙を流す」ことが日本の研究で判明”. GIGAZINE (2022年8月24日). 2022年10月8日閲覧。
  43. ^ イヌが飼い主との再会時に情動の涙を流すことを発見”. 麻布大学プレスリリース (2022年8月23日). 2022年10月8日閲覧。
  44. ^ a b c 菊水健史、市川眞澄(編)『社会の起源:動物における群れの意味』 <ブレイン・サイエンス・レクチャー>6 共立出版 2019年 ISBN 978-4-320-05796-8 pp.106-112.
  45. ^ a b Mark, Joshua J.. “Dogs in Ancient Egypt” (英語). World History Encyclopedia. 2023年7月18日閲覧。
  46. ^ 小堀龍之 (2017年11月18日). “8千年以上、仲いいワン 最古の飼い犬の壁画、発見か”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2022年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月26日閲覧。
  47. ^ 小堀龍之 (2017年11月21日). “8000年以上、仲良いワン 最古の「飼い犬」の壁画?発見”. シッポ. 朝日新聞社. 2023年11月17日閲覧。
  48. ^ Sarah Gibbens; 潮裕子(訳) (2017年11月21日). “最古の犬の絵か? 狩りやペットの歴史にも一石:サウジアラビアで発見、紀元前5000~紀元前8000年とも”. ナショナル ジオグラフィック (雑誌). 日経BP. 2023年11月17日閲覧。
  49. ^ Guagnin, Maria; Perri, Angela; Petraglia, Michael (2017-11-16). “Pre-Neolithic evidence for dog-assisted hunting strategies in Arabia” (英語). Journal of Anthropological Archaeology (エルゼビア) 49: 225-236. doi:10.1016/j.jaa.2017.10.003. 
  50. ^ 地下墓地に犬など800万匹のミイラ化死骸 エジプト”. CNN.co.jp. 2023年7月18日閲覧。
  51. ^ 先スペイン期メソアメリカにおけるイヌの象徴性 著:吉田 晃章 サイト:東海大学
  52. ^ 東京国立博物館 -トーハク-. “東京国立博物館 - 1089ブログ”. www.tnm.jp. 2023年7月18日閲覧。
  53. ^ 古代における導犬の観念について”. u-gakugei.repo.nii.ac.jp. 2023年7月18日閲覧。
  54. ^ a b 張競『中華料理の文化史』筑摩書房〈ちくま新書〉、1997年9月。ISBN 4-480-05724-2
  55. ^ 劉釗 (2014), 新甲骨文編(増訂本), 福州: 福建人民出版社, pp. 577–578, ISBN 978-7-211-06715-2 
  56. ^ 季旭昇 (2014), 説文新証, 台北: 芸文印書館, p. 750, ISBN 978-957-520-168-5 
  57. ^ 徐超 (2022), 古漢字通解500例, 北京: 中華書局, pp. 148–149, ISBN 978-7-101-15625-6 
  58. ^ 孟世凱 (2009), 甲骨学辞典, 上海: 上海人民出版社, pp. 130–131, ISBN 978-7-208-08350-9 
  59. ^ 趙偉 (2018). 殷墟甲骨語詞彙釈 (Ph.D. thesis). 河南大学. pp. 457–459.
  60. ^ 単育辰 (2020), 甲骨文所見動物研究, 上海: 上海古籍出版社, pp. 63–65, ISBN 978-7-5325-9689-8 
  61. ^ Le Rôle des Chiens dans l'Histoire”. nord-dressag. 2008年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月5日閲覧。
  62. ^ ブライアン・フェイガン『人類と家畜の世界史』(東郷えりか訳 河出書房新社 2016年、ISBN 9784309253398)pp.309-310
  63. ^ a b ハーツォグ 2011, p. 67.
  64. ^ ハーツォグ 2011, p. 238.
  65. ^ 【世界発2017】イラン、犬はタブー?友達?イスラム教では忌避するが…ペットで人気『朝日新聞』朝刊2017年8月31日
  66. ^ a b 松井 2005, p. 184.
  67. ^ 西本豊弘「イヌと日本人」西本豊弘編『人と動物の日本史1 動物の考古学』吉川弘文館、2008年
  68. ^ 袁靖「哺乳綱」、麻生町教育委員会編『於下貝塚 発掘調査報告書』1992年、154〜183頁。
  69. ^ 袁靖・加藤晋平「茨城県於下貝塚出土の小型動物の切痕(英文)」『千葉県立中央博物館研究報告 人文科学』2巻2号、1993年。
  70. ^ a b 松井 2005, p. 186.
  71. ^ 松井 2005, p. 187.
  72. ^ 勝山物語(畑時能物語)”. おいでねんせカッチャマ. 2019年5月5日閲覧。
  73. ^ 関根久夫『埼玉の日本一風土記: 埼玉が誇る自然・歴史・文化を訪ねる読み物ガイド』幹書房、2010年。ISBN 9784902615630 [要ページ番号]
  74. ^ 谷口 2012, p. 67.
  75. ^ 谷口 2012, p. 80.
  76. ^ 大木(1994)、p.250[要文献特定詳細情報]
  77. ^ 明治時代には犬を「カメ」と呼ぶことがあった、というのは本当ですか”. 国立国語研究所 (2018年6月1日). 2023年8月20日閲覧。
  78. ^ 1900年5月11日 時事新報
  79. ^ 警視庁東京府広報大正10年綴
  80. ^ 大辞林「捨て犬」
  81. ^ a b 大辞林「野良犬」
  82. ^ a b [1]
  83. ^ ハーツォグ 2011, p. 235.
  84. ^ a b c ハーツォグ 2011, p. 236.
  85. ^ ハーツォグ 2011, pp. 237–238.
  86. ^ 犬肉の食用禁止を目的に連盟が発足”. 台湾新聞. 株式会社 臺灣新聞社 (2019年4月19日). 2019年5月30日閲覧。
  87. ^ 刑事事件弁護士ナビ「ペットを食べる!?動物を殺傷した場合に科される罰則とは」
  88. ^ 犬の鑑札、注射済票について”. 厚生労働省. 2023年8月21日閲覧。
  89. ^ 桑村朋、土屋宏剛 (2023年6月24日). “狂犬病注射7割止まり 年々低下、14年ぶり国内発症も”. 産経新聞. https://www.sankei.com/article/20200624-A5Z7NCXKTNNGTLDRPGX5TODLKY/ 2023年8月21日閲覧。 
  90. ^ 狂犬病予防法に基づく抑留業務等について” (PDF). 厚生労働省 (2007年5月1日). 2023年8月21日閲覧。
  91. ^ a b 動物の虐待等に対する罰則が強化されました”. 東京都保健医療局. 2023年8月22日閲覧。
  92. ^ 動物愛護管理法の概要”. 環境省自然環境局. 2023年8月22日閲覧。
  93. ^ 犬と猫のマイクロチップ情報登録について”. 環境省. 2023年8月22日閲覧。
  94. ^ 犬猫マイクロチップ装着義務化 どうしたらいいの?”. 日本放送協会 (2022年1月5日). 2023年8月22日閲覧。
  95. ^ マイクロチップの装着等の義務化”. 東京都保健医療局. 2023年8月22日閲覧。
  96. ^ 読売新聞2009年9月12日13S版31面
  97. ^ 近年目立つ犬の精神疾患 人間よりもセンシティブな証拠”. 朝日新聞社 (2012年12月2日). 2023年8月22日閲覧。
  98. ^ 読売新聞 2016年11月22日 15面。
  99. ^ AERA2012年12月3日号
  100. ^ 太っている人は飼い犬も太っている傾向 研究”. AFPBB. 2020年1月13日閲覧。
  101. ^ ドッグランでトラブルに巻き込まれたらどうすればいい?対処法まとめ | わんころ倶楽部”. wancoro.club. 2018年11月2日閲覧。[リンク切れ]
  102. ^ 朝日新聞2012年2月14日
  103. ^ 犬や猫が食べてはいけないもの”. 栃木県獣医師会. 2023年8月21日閲覧。
  104. ^ 犬・猫が食べてはいけないもの”. 長者原動物病院. 2023年8月21日閲覧。
  105. ^ a b 禁忌食(その3)─犬のキシリトール中毒”. 左向敏紀・大島誠之助. 2023年8月21日閲覧。
  106. ^ 犬のキシリトール中毒に注意!!”. 社団法人 埼玉県獣医師会. 2013年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月5日閲覧。
  107. ^ 厚生労働省行政情報 食品衛生調査会関係資料 食品添加物の指定、使用基準の改正に関する食品衛生調査会、毒性部会及び添加物部会合同部会報告について 別添1 キシリトールの指定について”. 日本食品化学研究振興財団. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月5日閲覧。
  108. ^ a b 「いぬのきもち」2012年5月号、ベネッセ。[要ページ番号]
  109. ^ 犬は飼い主に似る?人間みたいな行動をするおもしろエピソードも…!【犬の飼い主672人アンケート】”. INUNAVI(いぬなび). 2021年6月25日閲覧。
  110. ^ 【愛犬譲渡でGACKTが炎上中】「大きくなったら処分してる、と…」ペット探偵が見た“ヤバい飼い主””. 清談社 (2021年3月12日). 2023年8月21日閲覧。
  111. ^ 犬が触られて1番喜ぶ場所はどこ?愛犬家100人にアンケート調査しました!”. 2022年7月1日閲覧。
  112. ^ a b 山口 2002, p. 不明.
  113. ^ https://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/3/36337/20141126055628605585/J-Int-Edu-HiroshimaUniv_18_30.pdf
  114. ^ https://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/3/39291/20160323101241923545/ReportJTP_1990_131.pdf
  115. ^ 太永浩元駐英北朝鮮公使「李容浩氏の解任、金正恩委員長の不安心理が反映」”. 中央日報 (2020年1月21日). 2020年3月3日閲覧。
  116. ^ うれしいとき、犬のしっぽ右に”. 産経新聞 ENAK. 産経デジタル. 2019年5月5日閲覧。
  117. ^ “日テレ系「スッキリ」のアイヌ差別発言 BPO審議入り”. 朝日新聞デジタル. (2021年4月9日). https://www.asahi.com/articles/ASP4974NTP49UCLV00S.html 2021年2月5日閲覧。 
  118. ^ “日テレ「スッキリ」に放送倫理違反 アイヌ発言でBPO”. 朝日新聞デジタル. (2021年7月21日). https://www.asahi.com/articles/ASP7P6H4MP7PUCVL00C.html 2021年2月5日閲覧。 
  119. ^ 日本テレビ『スッキリ』 アイヌ民族差別発言に関する意見” (PDF). 放送倫理・番組向上機構 (2021年7月21日). 2021年2月5日閲覧。
  120. ^ 犬とキツネの子を初確認、「人とチンパンジーの子」のようなもの”. ナショナルジオグラフィック (2023年10月6日). 2023年10月6日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イヌ」の関連用語

イヌのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イヌのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイヌ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS