イヌ 分布

イヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/13 03:16 UTC 版)

分布

イヌの染色体は78本(2n)あり、これは38対の常染色体と1対の性染色体からなる(ヒトの23対46本より多い。)。これは同じイヌ属のドールリカオンジャッカル類、コヨーテ類などとも共通である。これらの種は個体の大小、形状が異なっていても交配が可能であり、この雑種もまた生殖能力をもつ。ただし、これらは行動学的に生殖前隔離が起こり、また、地理的にも隔離されている。ジャッカル類は主にアフリカに、(アジアに分布の及ぶキンイロジャッカルはジャッカル類では無くオオカミに近縁だとされる)、コヨーテ類は北アメリカ大陸に分布する。

また、オーストラリア大陸と周辺地域に生息するディンゴと、ニューギニア島に生息するニューギニアン・シンギング・ドッグは、人類によって約4,000年前に持ち込まれたイヌであり、かつては別種とされていたが、遺伝子の確認された現在ではイエイヌに含まれる。

生態的・形態的特徴

イヌの属するイヌ科は、森林から開けた草原へと生活の場を移して追跡型の狩猟者となった食肉類のグループである。待ち伏せ・忍び寄り型の狩りに適応したネコ科の動物に対して、イヌ科の動物は、細長い四肢など、持久力重視の走行に適した体のつくりをしている(発汗できる種がヒトだけであるように、哺乳類の持久力走行は短距離走行に比べ難しく、稀である)。

また、イヌは古くから品種改良が繰り返されて、人工的に改良された品種には、自然界では極めて珍しく難産になるものも多く、品種によっては、出産時に帝王切開が必要不可欠となる(主にブルドッグ)。

犬の毛の生え方や長さには、犬種によって様々な特徴がある。犬の毛の成長サイクルは、犬種や生活環境によって大きく変化する。

  • 犬のヘアスタイル英語版
  • トリマー(犬の毛を整える仕事の人)
  • 犬のトリミング方法

骨格

イヌの歩き方は、指で体を支える趾行(しこう)性で、肉球(4つの指球(趾球)と1つの掌球(蹠球))と爪が地面につく。爪は先が尖っており、走るときにスパイクのような役割をする。ただし、ネコ科のものほど鋭くはない。爪を狩りの道具とするものが多いネコ類とは異なり、イヌ科の動物は爪を引っ込めることができず、各指はほとんど広げることができない。ネコ類と同じく、第3指(ヒトでいう中指)と第4指(薬指)の長さが同じである。後肢の第1趾は退化して4本趾の構造となっているが、たまに後肢が5本趾のイヌもいる(こうしたイヌの後肢の第1趾は「狼爪」と称する)。前肢は5本指の構造となっているが、やはり、その第1指(親指)も地面には着かない。一部のマウンテンドッグは狼爪が2本あるものもある。狼爪は幼少時に切除される場合が多いが、前述のマウンテンドッグの場合には切除しない。

前肢はほとんど前後にしか動かず、鎖骨は退化し失われている。逆に股関節は、靭帯による制約が少ないために、他の家畜類に比べて可動性が広く、後肢を頭を掻くのに用いたりし、また、は排尿時に高く持ち上げる。反面、靭帯が少ないことは、しばしば股関節脱臼を起こす原因ともなっており、高齢犬・著しく体重が増えた犬・大型犬でその傾向が高い。

肋骨は13対で、ヒトより1対多く、走るのに必要な心臓は、体のわりに大きい。心臓食肉目の他のグループの動物と違って球形に近く、特に左心室が非常に大きい。

尾は走行中の方向転換でとして働くが、オオカミなどと比べると細く短くなっており、また、日本犬に多く見られるように巻き上がっているものがあるのは、筋肉の一部が退化して弱くなっているためである。

陰茎に陰茎骨があり、交尾の際に勃起の硬さを得るのにやや時間を要し、陰茎自体にある程度の硬さを与えるためである[3]

歯式は 3/3・1/1・4/4・2/3=42 では42本(21対)あり、32本(16対)の歯をもつヒトや、28- 30本のネコと比べると、が長い分、歯の数も多い。ヒト(2/2・1/1・2/2・3/3=32)と比較すると、切歯が上下各3本、前臼歯(小臼歯)が各4本と多く、後臼歯(大臼歯)は上顎で2本(下顎は3本)と少ない。イヌ型亜目に共通の身体的特徴として、犬歯(牙)のほかに、裂肉歯と呼ばれる山型にとがった大きな臼歯が発達している。この歯は(はさみ)のようにして肉を切る働きをもつ。裂肉歯は、上顎の第4前臼歯と、下顎の第1大臼歯である。食物はあまり咀嚼せずに呑み込んでしまう。

近年のペットとしての飼育では、本来の食物よりも柔らかいものを主体として日常食べることになるので、歯周病など歯の汚れを原因とする歯疾病に罹る犬が少なくない。

消化器

イヌ科グループの他の動物と同様、イヌは基本的には肉食であるが、植物質を含むさまざまな食物にも、ある程度までは適応する。消化管はそれほど長くないが、の長さが体長(頭胴長)の4から4.5倍程度であるオオカミに対して、イヌのほうは5から7倍と、いくらか長くなっており、これも植物質の消化に役立っている。肉食獣の中には盲腸をもたない種も存在するが、イヌはそれほど大きくないものの 5から20cm程度の盲腸をもつ。

オオカミとイヌの違いとして、脳機能に関する遺伝子および消化酵素をコードする遺伝子の相違が報告されている[4]。報告によれば、イヌではデンプンの分解酵素の一つであるアミラーゼ遺伝子のコピー数が多く、その活性はオオカミの28倍である。同じくデンプンの分解酵素であるマルターゼ遺伝子の場合、コピー数に大きな違いは無いが、イヌのマルターゼ遺伝子配列は長いタイプであり草食動物のものに近いという。このような違いはイヌの進化における家畜化・雑食化の過程の一つと考えられている。 したがって、犬の唾液は独特の複雑さを持っており、また食物連鎖上、生態系の上位に属すること、オオカミの時代の狩りの方法が集団的であったこと(匂いの少ない猫類と異なる)、などさまざまな要因の結果もあって、匂いを有し結果として独特の口臭を持つことにつながる。

犬は水を飲む時、舌を裏に巻くようにして水をすくって飲む特徴がある[5][6][7]

イヌの耳下腺は、副交感神経性の強い刺激を受けると、ヒトの耳下腺の約10倍のスピードで唾液を分泌する。唾液は浅速呼吸(喘ぎ)により、口の粘膜と舌の表面から蒸散する。激しい運動のあと、イヌが口を開け、舌を垂らしてさかんに喘いでいるのはこのためである。イヌの体には汗腺が少ないが、この体温調節法は汗の蒸発による方法と同じくらい効果的であるという。

肛門には肛門嚢(こうもんのう)と呼ばれる一対の分泌腺があり、縄張りのマーキングに使われるにおいの強い個体識別のもとにもなる分泌液はここから出ている。ジャコウネコハイエナのように外に直接開いてはおらず、細い導管で肛門付近に開口している。なお、イヌが雨に濡れたときなどに特に匂う独特の強い体臭は、主に全身の皮脂腺の分泌物によるものである。

嗅覚

柴犬の鼻づら

警察犬の遺留品捜査や災害救助犬の被災者探索などでよく知られるように、イヌの感覚のうち最も発達しているのは嗅覚であり、においで食べられるものかどうか、目の前にいる動物は敵か味方かなどを判断する。また、コミュニケーションの手段としても、ここはどのイヌの縄張りなのかや、相手の犬の尻のにおいを嗅ぐことで相手は雄か雌かなどを判断することでも嗅覚は用いられたりする。そのため、イヌにとっては嗅覚はなくてはならない存在である。

イヌの嗅覚はヒトの数千から数万倍とされるが、その能力は有香物質の種類によっても大きく異なり、酢酸の匂いなどはヒトの1億倍まで感知できる。嗅覚は鼻腔の嗅上皮にある嗅覚受容神経(嗅覚細胞)によって感受されるが、ヒトの嗅上皮が3から4cm²なのに対し、イヌの嗅上皮は18から150cm²ある。嗅上皮の粘膜を覆う粘液層中に分布する、「嗅毛」と呼ばれる線毛は、においを感覚受容器に導く働きをするが、イヌの嗅毛は他の動物のそれより本数が多く、長い。嗅細胞の層も、ヒトでは1層であるのに対して、イヌでは数層になっており、ヒトの500万個に対し、2億5千万から30億個あると推定されている。鼻腔の血管系もよく発達している。ヒトが顔や声について特別な記憶力をもつように、イヌは匂いについての優れた記憶力を持ち、久しぶりに会うヒトやイヌなどの個体識別ができる。イヌを含む動物群の鼻先のいつも湿っている無毛の部分を「鼻鏡」と呼ぶが、これもイヌのすぐれた嗅覚を保つのと同時に風の向きを探る働きをすると考えられる。

イヌが嗅覚に優れていることは事実であるが、イヌ同様に探索目的での使役が多いブタイノシシ類)も引けを取らないと考えられているし、クマの研究者によればクマ類の嗅覚はイヌ(イエイヌ)の約7倍とされている。ゾウは嗅覚細胞の総量から言っても、能力においてイヌやクマを遥かに上回る動物として知られている。なお、魚類ではウナギの嗅覚がイヌの嗅覚に匹敵するとされる[8]

一方、イヌの嗅覚は人間の抱えるストレスを人間の汗や息の中に含まれる物質の変化から嗅ぎ分けることが可能である事実が、イギリスのクイーンズ大学ベルファスト校とニューカッスル大学の研究者たちの調査と研究で明らかにされている。この新研究の発表はオンライン科学雑誌「プロスワン」に掲載されている[9]

聴覚

イヌは聴覚も比較的鋭い。また可聴周波数は40から47,000Hzと、ヒトの20から20,000Hzに比べて高音域で広い。超音波を発する笛である犬笛(約30,000Hz)はこの性質を利用したもの。聴力において、犬種による違いはほとんど見られない。ただし当然ながら加齢によって聴力が大きく衰える。

視覚

犬の眼球

優れた動体視力を持っており、1秒間に30フレームを表示するテレビ画像などはコマ送りにしか見えない。一方、イヌの眼には赤色に反応する錐体細胞の数が非常に少ないといわれ、明るいときには赤色はほとんど見えていない可能性が高い。色の明暗は認識できるが、全色盲に近いと考えられている。信号機だけは識別できるとされていたが、実はこれも灯火の点灯順序と人間の動きを関連づけて学習していたに過ぎない事が確認されている。ネコやキツネの瞳孔が縦長であるのに対し、イヌの瞳孔は収縮しても丸いままである。

味覚・舌

同じ食肉目のイエネコと違い砂糖などの「甘味」を感じることが出来る。サツマイモなどの甘味のあるものを好むとされる。酸味にも敏感でこちらは一般的に好まない。一方で塩味には鈍感でほとんど感じ取れていないとされる。また「アミノ酸の甘さ」を感じ取れるためチーズといった動物性のタンパク質を好む。味蕾ヒトの約1万個に対しイヌは2000個程度とされヒトほど味覚は区別出来ないとされる。

ネコと比較すると雑食性が強く、肉以外にも野菜や果物、穀物や人用のお菓子も食する。人との共存の歴史においてこれらの強い雑食性を身に着けたと考えられるが、犬の害になる食物も誤食(後述、タマネギ、ねぎ、にんにく、カレー等が有名である)するケースがあり注意が必要になってくる。

呼吸

イヌの呼吸は「パンティング《panting》(浅速呼吸)」と呼ばれ、俗に「喘ぎ呼吸」とも呼ばれる。イヌは足の裏の肉球以外には汗腺を持たない動物であり、肉球からの発汗による体温調節の効率は人間の130分の1程度しかなく、ヒトとは異なり発汗で体温調節を図ることが出来ない。その為、熱の発散の唯一の手段は口からの呼吸しかなく、汗をかく代わりに舌を出しハアハアと喘ぐように呼吸することで、そこから染み出す唾液を始め口内や喉の水分を蒸発させて熱を放出し体温調節を図っている。汗腺が身体のごく一部にしかないイヌにとっては、その呼吸や行為自体がヒトを含む他の動物以上に命に関わる重要な行動となる[注釈 5][10]。なお、パンティングの頻度は大型犬に多いことが判明している。

出産と成長

メスの発情周期は6から8か月であるが、犬種により差がある。発情期間は約3ヵ月で、この期間のうち前期1ヵ月の間が実際に交尾により繁殖が行える可能性のある期間である。発情期に入ると、メスは性器を自ら舐める仕草が多くなり始める。この時期からメスは性器からフェロモンを発して周囲のオスに発情期を察知させるようになっている為、他のオスを興奮させない意味でも、ドッグランなど不特定多数のイヌがいる場所に発情期に入ったメスを連れ出す事は控える事が望ましい。次いで性器が充血して出血(生理)が始まる時期に移行する。この期間は概ね10日前後で、この時期にパートナーとなるオスと同居させる事で交配が行われる[11]

交尾の際にはほかの多くのイヌ科の動物と同様に交尾結合が見られ、後背位で結合した後にオスがメスの尻を跨いで反対向きとなり、尻同士を向かい合わせた状態で長い時は30分以上交尾が継続する。交尾中はオスの陰茎は根元付近が特に大きく肥大してメスのから抜けなくなる為、射精が終了するまでは人の手でも引き離すことは難しい[11]ブリーダーによる血統証明書英語版の申請の際には、この「尻を向かい合わせた姿勢」の写真を根拠として交配証明書を作成することが一般的である[12]

排卵期が過ぎた後の残りの2ヵ月余りは、メスの体内では黄体ホルモンが分泌されており、妊娠の有無に関わらず乳房の肥大や母乳の分泌、地面に穴を掘る営巣行動などが見られる場合がある。こうした状況は偽妊娠(想像妊娠)と呼ばれ、この期間が後述の実際の妊娠期間とほぼ重なる為、妊娠の真偽判定が難しくなる場合がある[11]。その一方で、偽妊娠期間中で母乳が出るメスは他の子犬へ授乳する乳母の役目を果たせるため、ネグレクトなどの何らかの理由で子犬への生母からの授乳が期待できない場合に、こうしたメスに授乳を行わせる場合もある[13]。同種族のみならず、ネコ科の動物など全く異なる種族の授乳や育児を行なった事例もある[14][15]。交配が成立した場合の妊娠期間は50から70日。3から12子を一度に出産するため、乳房を左右に5対持っているのが一般的である。生誕6から12か月目で成犬の大きさになり、その後、2から3か月目で性熟する。これはオオカミの2年に比べて早熟である。小型犬は成犬に達するのが早いが成熟も早い。

寿命

イヌは10歳になると老犬の域になり12歳から20歳程度まで生きる。ただし犬種や生育環境によっても異なり、基本的に大型犬のほうが小型犬よりも短命である。また、一般的には屋外飼育よりも室内犬のほうが、寒暖差、雨露をしのげることから長命の傾向があり、純血種よりも雑種のほうが長命と言われる。歳を取るスピードは若いほど早く成犬となってからは緩やかになる。イヌの年齢をヒトの年齢に換算する方法は諸説あるが、科学的根拠に基づいたものではなく必ずしも正確ではない。目安として、小型犬は生後1年でヒトの約17歳、生後2年で約24歳、大型犬は生後2年で約20歳、それ以降は小型犬で1年につきヒトの4歳程度分、大型犬は5から6歳程度分、歳を取ると考えられる。転じて、ITが普及した2000年前後には、ITの進化の目まぐるしさをイヌの1年がヒトの人生の数年分であることにたとえて「ドッグイヤー」という比喩が使われた[16]

飼育環境の改善や犬フィラリア症予防などの動物医療の普及などによって、犬の平均寿命は伸びる傾向にある。

かつてギネスブックにて、2010年10月から2011年12月に掛けて「生存する世界最高齢のイヌ」と認定されていた栃木県在住の雑種犬プースケ[17]、2011年12月5日の死没時点で26歳9ヶ月[18] であり、人間の年齢で換算すると125歳以上と推定された。記録が残っている最も長く生きた犬はオーストラリアの牧畜犬ブルーイ英語版で、29歳5ヶ月7日。

社会性

尻を嗅ぐことでイヌは互いの強弱が分かるという

イヌの特徴としてヒトと同じく社会性を持つ生き物であることが挙げられる。意思疎通をするための感情や表情も豊かで、褒める、認める、命令するなどの概念を持っている。ヒトに飼われているイヌは、人間の家族と自身を1つの群れの構成員と見なしていると考えられ、群れの中の上位者によく従い、その命令に忠実な行動を取る。この習性のおかげでイヌは訓練が容易で、古くからヒトに飼われてきた。最古の家畜とする説が有力である。子犬を入手して飼う場合には、親犬の元での犬社会に対する社会化教育と新しい飼い主と家庭および周囲環境への馴化(じゅんか)との兼ね合いから、ほぼ6週齢から7週齢で親元より直接譲り受けるのが理想的とされる。

知能

全般的に高い知能を有する。また、品種によってはより優れた学習能力を示す。総じて記憶力も高く、例えば狂犬病の予防接種を受けた犬は次年度の狂犬病予防接種に行く際、パニックを起こす事がある。試行錯誤を行う事もあり、例えば脱走するために首輪のフックを地面にこすりつけてフックが外れないかどうか試行したり、室内で粗相をしたときは何か他のものをのせて大便を隠し、とぼけるなどの行動を行う事もある。他の犬に対して関心を示し、威嚇する行動を取る品種とそうでないものがある。他の犬への関心の示し方、攻撃性は、(しつけ)によっても抑えることがある程度可能である。なお、犬自体の「人間に対しての関心の示し方や接し方」は現時点において未知のものが多く、その解明の為の研究が今も進められているが、近年の研究では飼い主側の人間が示す「声を荒げて叱る」などの態度に対して敏感な反応を示すことが明らかになっている[19]。加えて、英オンライン科学誌のサイエンティフィック・リポーツにおいて犬が『意思疎通の手段』として使う目的で顔の表情をコントロールしている可能性があることが論文で掲載されている[20]。 一方で、ある調査結果からは「人間の恐怖心」の有無を感じ取れる知性を持つことが判明しており、この内容は「Journal of Epidemiology and Community Health」(2018年2月1日付オンライン版)にて掲載されている[21]。さらには、犬自体にも人間同様に嫉妬の感情を持つ可能性があるとする研究結果が発表されており、これらの研究結果は「Psychological Science」へ2021年4月7日付で掲載されている[22]

また、イヌ自体にも感情の昂りがあり、感極まると涙を流すことを日本の麻布大学の研究チームが確認・発表している[23][24]

イヌは他者の情動を読み取るだけでなく、視線を読み取ることで「きっとこの人はこう考えているのだろう」と他者の意図を推測する社会的知能がある[25]。この他者の視点に立ち適切な判断を下す能力を共同注視(joint attention)といい、心の理論の基礎をイヌが備えていると考えられる要素のひとつとなっている[25]。また、イヌは他者の顔から視線を追跡し、対象物について予測した後に再度視線を合わせようとする交互凝視(gaze attention)という動作を見せる。ペットのイヌが空の餌皿を見た後に飼い主を見上げてくるという動作を繰り返す、などがよくある交互凝視の例として挙げられる。ヒトの交互凝視は相手が何を見ているかの確認の伝達から、自分の視線の意味を相手に理解させようとする催促、自分の感情を伝える共感へと段階的に高度になるが、イヌは催促の段階までは使いこなしていると考えられている[25]

イヌの起源

イヌは最も古くに家畜化された動物であり、手に仔犬(イヌかオオカミかはっきりしない)を持たせて埋葬された1万2千年ほど前の狩猟採集民の遺体がイスラエルで発見されている。分子系統学的研究では1万5千年以上前にオオカミから分化したと推定されている。イヌの野生原種はオオカミ (Canis lupus) の亜種のいずれかと考えられている。イヌのDNAの組成は、オオカミとほとんど変わらない。イヌがオオカミと分岐してからの1万5千年という期間は種分化としては短く、イヌを独立種とするかオオカミの亜種とするかで議論が分かれているが、交雑可能な点などから亜種とする意見が優勢となりつつある。本項の分類もそれに従っている。イヌとオオカミの交雑に関しては、別項「狼犬(ハイブリッドウルフ)」も参照のこと。


注釈

  1. ^ 既知の有力説の一つを記載。異説多数あり。
  2. ^ 代表的生物につき、大幅な省略をあえて行わず分類区分を表記する。もっとも、これでもかなりの省略はしており、全容ではないことを書き添えておく。
  3. ^ 分類学上、未整理の分類群(タクソン)。以下同様。
  4. ^ 顎口上綱の下位で相克関係にある。
  5. ^ この行為は恐怖を感じた時にも行なう場合がある。
  6. ^ 同じ行動を過度に繰り返す症状。自分の尻尾を追うようにぐるぐる回るなど。
  7. ^ この論文は、学術誌「プリベンティブ・ベテリナリー・メディスン(Preventive Veterinary Medicine)」に掲載されている。
  8. ^ 母乳中の乳糖の割合は、イヌで3.1%、ウシで4.7%、人間ではさらに高く6.1 - 6.8%も含んでいる。

出典

  1. ^ Macdonald, David; Claudio Sillero-Zubiri (2004). The Biology and Conservation of Wild Canids. Oxford: Oxford University Press. pp. 45-46. ISBN 0198515561 
  2. ^ a b Anthea Gentry, Juliet Clutton-Brock, Colin P. Groves, “The naming of wild animal species and their domestic derivates,” Journal of Archaeological Science, Volume 31, Issue 5, Elsevier, 2004, Pages 645-651.
  3. ^ フジテレビトリビア普及委員会 『トリビアの泉〜へぇの本〜 2』講談社、2003年。 
  4. ^ Axelsson E, Ratnakumar A, Arendt ML, Maqbool K, Webster MT, Perloski M, Liberg O, Arnemo JM, Hedhammar A, Lindblad-Toh K (2013). “The genomic signature of dog domestication reveals adaptation to a starch-rich diet”. Nature 495 (7441): 360-4. doi:10.1038/nature11837. 
  5. ^ バーニーズの水の飲み方の秘密をHX-A100が捉えた. (2013年6月8日). https://www.youtube.com/watch?v=252DkauNvdk 2019年5月6日閲覧。 
  6. ^ 真相が明らかに!犬はどうやって水を飲む?”. dogactually. 2016年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月6日閲覧。
  7. ^ 水を飲む「犬の舌」を本気で観察”. Yahoo!映像トピックス. 2019年5月6日閲覧。
  8. ^ おさかな雑学研究会 『頭がよくなるおさかな雑学大事典』〈幻冬舎文庫〉幻冬舎、2002年、123頁。ISBN 4344402944 
  9. ^ 犬は人間のストレスを嗅ぎわけられる。新研究で明らかに”. HUFFPOST (2022年9月29日). 2022年10月8日閲覧。
  10. ^ パンティングとは何か。犬の異常なパンティングは肺や心臓の病気かも”. ペットの情報サイト「ペッター」. 2016年9月13日閲覧。
  11. ^ a b c 犬の交配に関する基本と注意~メス犬の発情周期からオス犬探しまで”. 子犬のへや. 2019年5月5日閲覧。
  12. ^ PKJ規約 繁殖および犬の譲渡に関する倫理要綱 繁殖のための諸手続き - 交配の手続き - 5.「交配写真」”. ブラシュスキー・クリサジーク・クラブ・オブ・ジャパン. 2019年5月5日閲覧。
  13. ^ 乳母になれる犬の話”. 南大阪動物医療センター. 2019年5月5日閲覧。
  14. ^ 虎の赤ちゃんを育てるお母さんシェパード!母性は種を超える”. エキサイトニュース (2012年11月26日). 2019年5月5日閲覧。
  15. ^ “杭州 ホワイトライオンを育てる「イヌの乳母」”. 人民日報. (2014年4月28日). http://j.people.com.cn/94638/94659/8611368.html 
  16. ^ 写メ・ハナキン…、「おじさん言葉」受け流し術”. 東洋経済オンライン. 2019年9月16日閲覧。
  17. ^ - Explore Records - Guinness World Records”. 2014年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月7日閲覧。
  18. ^ 世界一の長寿犬「ぷースケ」、26歳9カ月大往生 (写真=共同) - 日本経済新聞、2011年12月6日。
  19. ^ 犬の「ごめんなさい」の姿勢は飼い主の態度に反応しているだけ?(英研究) 2015年10月22日 the WOOF
  20. ^ 「子犬のような目」で飼い主を操作? 研究 2017年10月20日 AFPBB
  21. ^ 「犬は怖がっている人間にかみつく」は本当か 2018年2月28日 毎日新聞「医療プレミア」
  22. ^ “犬も人間みたいに嫉妬する!?大学研究でわかった3つのサイン”. ダイヤモンド・オンライン. (2021年4月24日). https://diamond.jp/articles/-/268994 2021年4月25日閲覧。 
  23. ^ 「犬は飼い主と再会するとうれし泣きの涙を流す」ことが日本の研究で判明”. GIGAZINE (2022年8月24日). 2022年10月8日閲覧。
  24. ^ プレスリリース:麻布大学、イヌが飼い主との再会時に情動の涙を流すことを発見”. 麻布大学 (2022年8月23日). 2022年10月8日閲覧。
  25. ^ a b c 菊水健史、市川眞澄(編)『社会の起源:動物における群れの意味』 <ブレイン・サイエンス・レクチャー>6 共立出版 2019年 ISBN 978-4-320-05796-8 pp.106-112.
  26. ^ a b 張競『中華料理の文化史』筑摩書房〈ちくま新書〉、1997年9月。ISBN 4-480-05724-2
  27. ^ Le Rôle des Chiens dans l'Histoire”. nord-dressag. 2008年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月5日閲覧。
  28. ^ ブライアン・フェイガン『人類と家畜の世界史』東郷えりか訳 河出書房新社 2016年、ISBN 9784309253398 pp.309-310.
  29. ^ a b ハーツォグ 2011, p. 67.
  30. ^ ハーツォグ 2011, p. 238.
  31. ^ 【世界発2017】イラン、犬はタブー?友達?イスラム教では忌避するが…ペットで人気朝日新聞』朝刊2017年8月31日
  32. ^ a b 松井 2005, p. 184.
  33. ^ 西本豊弘「イヌと日本人」西本豊弘編『人と動物の日本史1 動物の考古学』吉川弘文館、2008年
  34. ^ 袁靖「哺乳綱」、麻生町教育委員会編『於下貝塚 発掘調査報告書』1992年、154〜183頁。
  35. ^ 袁靖・加藤晋平「茨城県於下貝塚出土の小型動物の切痕(英文)」『千葉県立中央博物館研究報告 人文科学』2巻2号、1993年。
  36. ^ a b 松井 2005, p. 186.
  37. ^ 松井 2005, p. 187.
  38. ^ 勝山物語(畑時能物語)”. おいでねんせカッチャマ. 2019年5月5日閲覧。
  39. ^ 関根久夫 『埼玉の日本一風土記: 埼玉が誇る自然・歴史・文化を訪ねる読み物ガイド』幹書房、2010年。ISBN 9784902615630 [要ページ番号]
  40. ^ 谷口 2012, p. 67.
  41. ^ 谷口 2012, p. 80.
  42. ^ 大木(1994)、p.250[要文献特定詳細情報]
  43. ^ 警視庁東京府広報大正10年綴
  44. ^ 大辞林「捨て犬」
  45. ^ a b 大辞林「野良犬」
  46. ^ a b [1]
  47. ^ 刑事事件弁護士ナビ「ペットを食べる!?動物を殺傷した場合に科される罰則とは」
  48. ^ ハーツォグ 2011, p. 235.
  49. ^ a b c ハーツォグ 2011, p. 236.
  50. ^ ハーツォグ 2011, pp. 237–238.
  51. ^ 犬肉の食用禁止を目的に連盟が発足”. 台湾新聞. 株式会社 臺灣新聞社 (2019年4月19日). 2019年5月30日閲覧。
  52. ^ 読売新聞2009年9月12日13S版31面
  53. ^ 読売新聞 2016年11月22日 15面。
  54. ^ AERA2012年12月3日号
  55. ^ 太っている人は飼い犬も太っている傾向 研究”. AFPBB. 2020年1月13日閲覧。
  56. ^ ドッグランでトラブルに巻き込まれたらどうすればいい?対処法まとめ | わんころ倶楽部” (日本語). wancoro.club. 2018年11月2日閲覧。[リンク切れ]
  57. ^ 朝日新聞2012年2月14日
  58. ^ Eric K. Dunayerら, 2006年12月0[要文献特定詳細情報]
  59. ^ 犬のキシリトール中毒に注意!!”. 社団法人 埼玉県獣医師会. 2013年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月5日閲覧。
  60. ^ 厚生労働省行政情報 食品衛生調査会関係資料 食品添加物の指定、使用基準の改正に関する食品衛生調査会、毒性部会及び添加物部会合同部会報告について 別添1 キシリトールの指定について”. 日本食品化学研究振興財団. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月5日閲覧。
  61. ^ a b 「いぬのきもち」2012年5月号、ベネッセ。[要ページ番号]
  62. ^ 犬は飼い主に似る?人間みたいな行動をするおもしろエピソードも…!【犬の飼い主672人アンケート】” (日本語). INUNAVI(いぬなび). 2021年6月25日閲覧。
  63. ^ 犬の名前ランキング2018”. アニコム損害保険株式会社. 2019年5月5日閲覧。
  64. ^ 犬が触られて1番喜ぶ場所はどこ?愛犬家100人にアンケート調査しました!”. 2022年7月1日閲覧。
  65. ^ a b 山口 2002, p. 不明.
  66. ^ https://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/3/36337/20141126055628605585/J-Int-Edu-HiroshimaUniv_18_30.pdf
  67. ^ https://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/3/39291/20160323101241923545/ReportJTP_1990_131.pdf
  68. ^ 太永浩元駐英北朝鮮公使「李容浩氏の解任、金正恩委員長の不安心理が反映」”. 中央日報 (2020年1月21日). 2020年3月3日閲覧。
  69. ^ うれしいとき、犬のしっぽ右に”. 産経新聞 ENAK. 産経デジタル. 2019年5月5日閲覧。
  70. ^ “日テレ系「スッキリ」のアイヌ差別発言 BPO審議入り”. 朝日新聞デジタル. (2021年4月9日). https://www.asahi.com/articles/ASP4974NTP49UCLV00S.html 2021年2月5日閲覧。 
  71. ^ “日テレ「スッキリ」に放送倫理違反 アイヌ発言でBPO”. 朝日新聞デジタル. (2021年7月21日). https://www.asahi.com/articles/ASP7P6H4MP7PUCVL00C.html 2021年2月5日閲覧。 
  72. ^ 日本テレビ『スッキリ』 アイヌ民族差別発言に関する意見 (PDF)”. 放送倫理・番組向上機構 (2021年7月21日). 2021年2月5日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イヌ」の関連用語

イヌのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イヌのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイヌ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS