ZIFとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > ZIFの意味・解説 

ZIF

フルスペル:Zero Insertion Force socket
読み方ジフ

ZIFとは、CPU脱着を行うソケット機構のひとつで、ソケットの脇に取り付けられたレバー操作によってCPUチップ抜き差しが行える機構のことである。

CPU入出力を行う接触部分ピン呼ばれるが、最近高性能CPUでは有するピンの数が数百本にのぼる。これらを通常のソケット挿入したり取り外したりするには、ある程度の力を入れる必要があり、装着甘く接触不良起こしたり、取り外しの際にピンが曲がってしまうといった事態が生じやすい。これをうまく脱着するにはある程度技術習熟が必要になる。

ZIFソケットでは、CPU固定解放レバー操作によって行う。レバー上げCPUソケット挿入し、レバー元に戻すと、ピンは挟まれて固定され、確実に装着される。取り外す際もレバー上げピン解放すればよい。いずれにしても、ZIFでは抜き差しに力を加え必要がないZero Insertion Forceである)。

ZIFソケット開発中のマシンなど抜き差し回数が多い用途有用である。またエンドユーザーが自らCPU抜き差しして取り替えることも、簡単・確実に行えるようになる。現在ではほとんどのCPUソケットが、このZIF方式採用している。

マイクロプロセッサのほかの用語一覧
CPU:  ドデカコア  ドデカコアプロセッサ  ユニファイドサーマルコア  ZIF
Intel:  インテル  Bensley  Broadwell


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ZIF」の関連用語



3
30% |||||

4
18% |||||

5
16% |||||

6
14% |||||

7
14% |||||

8
14% |||||

9
14% |||||

10
14% |||||

ZIFのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ZIFのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリZIFの記事を利用しております。

©2019 Weblio RSS