SuperFetchとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > SuperFetchの意味・解説 

SuperFetch

読み方スーパーフェッチ
別名:Windows SuperFetch

SuperFetchとは、Microsoft開発したキャッシュメモリ管理技術のことである。Windows Vista開発コード名Longhorn」)で初め搭載された。

SuperFetchは、ユーザー今までパソコン使用パターンに基づき頻繁に使用するファイルアプリケーションをあらかじめメモリ読み込んでおくようにするものである具体的には、ユーザーアプリケーション利用頻度を常に監視することで、RAM収録された特定のアプリケーションプログラム頻度測定し、頻度の高いプログラムを常にメモリ呼び出すようにしている。

従来は、読み込まれたデータキャッシュメモリ一時保存されるが、読み込まれた時間がいちばん古いデータメモリから外す仕組みとなっていた。SuperFetchでは、そのとき使用状態だけでなく使用履歴全体から、自分アプリケーション移動切り替えをより高速化させることが可能になる。

SuperFetchと並ぶWindows Vista高速技術としてはReadyBoostがある。ReadyBoost外部記憶装置としてのフラッシュメモリなどをキャッシュメモリとして使用することによって読み込み高速化することができる。


参照リンク
Windows PC アクセラレータ : Windows Vista のパフォーマンス テクノロジ - (Microsoft




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「SuperFetch」の関連用語

SuperFetchのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

第3世代iPad

初音ミク

Android

iPod nano

DTEK50

Amazon Fire HD 8

JustPix for Apache

超解像





SuperFetchのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリSuperFetchの記事を利用しております。

©2018 Weblio RSS