Leafletとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 印刷用語 > Leafletの意味・解説 

リーフレット【leaflet】

宣伝広告案内説明などのための、一枚刷り印刷物


リーフレット leaflet

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

ちらし

ポスター及びリーフレットちらし作成配布するとともに

意味説明

宣伝案内などの目的配布される,多く一枚刷り印刷物

その他の言い換え語例

パンフレット 手引き 案内


Leaflet

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/03 06:15 UTC 版)

Leafletは広く使われているWeb地図のためのJavaScriptライブラリである。 2011年に最初にリリースされた[3]。 モバイルとデスクトップのプラットフォームのほとんどに対応し、HTML5CSS3に対応している。 OpenLayersGoogle Maps API英語版とともに最も人気のあるJavaScript地図ライブラリの一つであり、FourSquarePinterestFlickrなどの有名なサイトで使われている。




  1. ^ Releases”. GitHub. 2020年12月3日閲覧。
  2. ^ License - Leaflet”. Leaflet. 2015年2月12日閲覧。
  3. ^ Lovelace, Robin. “Testing web map APIs - Google vs OpenLayers vs Leaflet”. 2014年8月6日閲覧。
  4. ^ Macwright, Tom (2014年8月6日). “Leaflet Creator Vladimir Agafonkin Joins MapBox”. Mapbox. 2014年8月6日閲覧。
  5. ^ Leaflet API”. 2014年8月6日閲覧。
  6. ^ https://github.com/mapbox/leaflet-omnivore
  7. ^ Leaflet documentation”. 2014年8月6日閲覧。
  8. ^ https://github.com/Georepublic/leaflet-wfs
  9. ^ https://github.com/Leaflet/Leaflet/issues/547
  10. ^ OpenHub.net comparison between OpenLayers and Leaflet”. OpenHub.net. 2014年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月18日閲覧。
  11. ^ Data Layer - Google Maps Javascript API - Google Developers”. 2014年8月6日閲覧。
  12. ^ Announcing Leaflet: a Modern Open Source JavaScript Library for Interactive Maps”. CloudMade (2011年5月13日). 2014年8月7日閲覧。
  13. ^ Leaflet 0.5 released”. 2014年8月6日閲覧。
  14. ^ Leaflet 0.6 Released, Code Sprint in DC with MapBox”. 2014年8月6日閲覧。
  15. ^ Leaflet 0.7 Release, MapBox and Plans for Future”. 2014年8月6日閲覧。
  16. ^ Meet Leaflet 1.0.”. 2018年2月4日閲覧。


「Leaflet」の続きの解説一覧

リーフレット

(Leaflet から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/13 18:28 UTC 版)

リーフレット: leaflet)は、宣伝広告案内説明などのために、1枚のに刷られた印刷物である。




「リーフレット」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Leaflet」の関連用語

Leafletのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Leafletのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2021 K'sBookshelf All Rights Reserved.
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2021 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのLeaflet (改訂履歴)、リーフレット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS