LE-7Aロケットエンジンの燃焼試験とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > LE-7Aロケットエンジンの燃焼試験の意味・解説 

LE-7Aロケットエンジンの燃焼試験

H-IIAロケットのメインエンジンLE-7Aの燃焼試験を実施

宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))では、21世紀主力ロケットとなるH-IIAロケット開発を行っていました。その一環としてH-IIAロケットの第1段エンジンである「LE-7Aエンジン開発が進められ、1997年3月から実機エンジン燃焼試験種子島宇宙センター吉信地区にある地上燃焼試験設備行いました。もともとは、LE-7エンジン燃焼試験を行うために整備された施設でしたが、一部改修してLE-7Aエンジンでも燃焼試験実施できるようにしてあります。この試験設備ではエンジン打上げ時と同じ垂直姿勢固定し、連続350秒間の燃焼試験が可能です。

種子島宇宙センター吉信地区にあるLE-7Aエンジンの地上燃焼試験設備
種子島宇宙センター吉信地区にあるLE-7Aエンジン地上燃焼試験設備

試験を繰り返し、信頼度を高める

実機エンジンでの試験は、2機のエンジン使用しました。1997年3月から5月にかけて行われ試験では、性能確認350秒間の長秒時試験、スロットリング試験など合計7回、約1,390秒間の試験が行われました。その際主噴射機のエレメント損傷見受けられたため、1997年9月からはその損傷への対策施し主噴射機を使用し、1998年2月までに合計8回の試験実施実機エンジンでの燃焼試験終了しています。

LE-7Aエンジン燃焼試験の様子
LE-7Aエンジン燃焼試験様子



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

LE-7Aロケットエンジンの燃焼試験のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



LE-7Aロケットエンジンの燃焼試験のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2019 Japan Aerospace Exploration Agency

©2019 Weblio RSS