Japanese horse chestnutとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 植物図鑑 > Japanese horse chestnutの意味・解説 

とちのき (栃の木)

Aesculus turbinata

Aesculus turbinata

Aesculus turbinata

Aesculus turbinata

Aesculus turbinata

Aesculus turbinata

Aesculus turbinata

Aesculus turbinata

Aesculus turbinata

Aesculus turbinata

Aesculus turbinata

Aesculus turbinata

わが国北海道西南部から九州それに中国分布しています。山地渓流沿いに生え、高さは30メートルほどになります長い柄のある大形掌状複葉です。4月から5月ごろ、先に直立した円錐花序をつけ、やや紅色を帯びた花をいっぱいに咲かせます。花はミツバチの蜜源となりますが、このトチ蜜はやや苦みがあるそうです。また果実は、渋抜きをしてトチ餅に利用されます。
トチノキ科トチノキ属の落葉高木で、学名Aesculus turbinata。英名は Japanese horse chestnut。
トチノキのほかの用語一覧
トチノキ:  インド栃の木  マロニエ  栃の木  紅花栃の木  赤花栃の木


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Japanese horse chestnut」の関連用語

Japanese horse chestnutのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Japanese horse chestnutのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.

©2020 Weblio RSS