FDLとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > OSS用語 > FDLの意味・解説 

GNU Free Documentation License

読み方グニュー フリー ドキュメント ライセンス
略称:GNU FDL/FDL

マニュアル教科書等の文書類の複製、再配布を自由にできるようにするために提唱されたライセンス商業利用目的とした出版にも対応できるよう、大量複製に関する条項原著作者著作者人格権保護するため、複製時に遵守すべき事項タイトル謝辞献辞など、変更してはいけない項目の定義)などが定められているのが特徴
その他のライセンス条項は、GPL準じておりCopyleft条件での文書配布目的としている。プログラム場合における「ソースコード提供の義務」に相当する項目として、文書を「透過形式」(Transparent)で配布する努力義務印刷物器械読み取り可能な形式にするか、汎用文書形式文書データ記録したメディア添付文書データ入手先の明記など)が含まれている。
FDLの各条項に従う限りにおいて、文書変更翻訳、ほかの文書との結合複数のFDL文書集合体作成などを行うことができる。この場合作成された新し文書配布はFDLに従わなければならない
関連URL
GNU Free Documentation License(原文)(http://www.gnu.org/licenses/fdl.html)
GNU フリー文書利用許諾契約書(日本語訳)(http://www.opensource.jp/fdl/fdl.ja.html)



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「FDL」の関連用語

FDLのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



FDLのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
OSS iPediaOSS iPedia
Copyright © Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006-2021

©2021 GRAS Group, Inc.RSS