青書と白書の違いとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 青書と白書の違いの意味・解説 

青書と白書の違い

別名:白書と青書の違い

端的に言って、青書と白書の違いは呼び名のみであり、文書役割目的などに違いはありません。

一般的に政府国内事情などを取りまとめ発行する文書は「白書」と呼ばれます。例として「警察白書」や「厚生労働白書」などがありますこの中で外務省発行しているもののみ「外交青書」と呼ばれています。

外交青書国際情勢日本外交政策まとめて報告したもので、他省庁白書異なるものではありません。

白書」の名称の由来は英語の「white book」です。白い本、つまり表紙白い本という意味の呼び名です。政府報告書がその表紙の色から「white book」と通称されるようになり、後に英語「white book」が政府報告書を意味する語として定着した、という経緯あります。「白書」はこれを訳したものです。

外務省よくある質問集」で、外務省が「外交青書」の呼び名採用した由来説明されています。それによれば文書作成発行始め時の英国議会が、外交委員会報告書青い表紙作成して「bluebook」と呼称していたことが理由一端にあるといいます。

なお、外交青書最初は「わが外交近況」という標題が用いられていました。

関連サイト
よくある質問集:その他 - 外務省



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

青書と白書の違いのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



青書と白書の違いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS