軽焼(き)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 軽焼(き)の意味・解説 

かる‐やき【軽焼(き)】

軽焼き煎餅(せんべい)」の略。


カルメ焼き

(軽焼(き) から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/28 06:01 UTC 版)

カルメ焼き(カルメやき、軽目焼)は菓子の一種。カルメラカルメラ焼きかるやきとも称される駄菓子の一種で、縁日露店などで実演販売される。ポルトガル語の「甘いもの」(caramelo)を語源とする。西洋圏でもハニカムトフィーと言うトフィーの一種として知られているが、此方は大きめのサイズである。[1]


  1. ^ https://www.absolute-london.co.uk/fooddrink/sweets/24836 あぶそる〜とロンドン2019年2月4日 Cinder toffee/Fudge シンダートフィー/ファッジ
  2. ^ 塚田捷 大矢禎一 江口太郎 鈴木盛久 ほか58名 未来へ広がるサイエンス2 株式会社 新興出版社啓林館 2018年 126~127ページ


「カルメ焼き」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「軽焼(き)」の関連用語

軽焼(き)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



軽焼(き)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカルメ焼き (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS