篭の鳥とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 篭の鳥の意味・解説 

かご‐の‐とり【籠の鳥】

籠の中鳥のように、身の自由が束縛されている状態のたとえ。また、そのような境遇の人。籠の中

1境遇から》遊女

「―なる梅川焦がれて通ふ廓雀(さとすずめ)」〈浄・冥途の飛脚


籠の鳥

作者神吉拓郎

収載図書夢のつづき
出版社文芸春秋
刊行年月1988.8

収載図書夢のつづき
出版社文芸春秋
刊行年月1991.5
シリーズ名文春文庫


籠の鳥

作者月正

収載図書羅生門河岸心中時代連作・郭十景
出版社広済堂出版
刊行年月2001.10
シリーズ名広済堂文庫


籠の鳥

作者白樫雅規

収載図書外科医メス
出版社健友館
刊行年月2003.7


籠の鳥

作者かおり

収載図書モーターバイクは疾走する
出版社のべる出版企画
刊行年月2007.10


籠の鳥

作者藤井邦夫

収載図書籠の鳥―知らぬが半兵衛手控帖
出版社双葉社
刊行年月2008.9
シリーズ名双葉文庫




篭の鳥と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「篭の鳥」の関連用語

篭の鳥のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



篭の鳥のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS