磐城小川江筋とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 路線 > 運河 > 日本の疎水 > 磐城小川江筋の意味・解説 

磐城小川江筋(小川堰)

磐城小川江筋
磐城小川江筋
磐城小川江筋 疏水概要
疏水所在
いわき市平を中心とする周辺地域900ha

所在地域の概要
いわき市中心部である平、小川、四倉を包含し、農業用水ばかりでなく水道水にも一部利用され、地域経済不可欠施設である。

疏水概要特徴
小川江筋は寛永10年から(1633年幕藩体制確立一環として磐城平藩内藤候の治政下に開削され、取水堰寛永15年1638年)頃に築造された。
また、江筋の延長は現在28kmであるが、江筋の用水で約900haの水田耕作され、農業地域基幹産業一つとなっている。
さらに水道水としても一部利用され、市民10万人余の生活用水として使用され、いわき市発展寄与している。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

磐城小川江筋のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

洛西用水

日野川用水

仰西渠用水

曽代用水

愛知川用水

山田堰井筋

上の原用水

佃用水路





磐城小川江筋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
疏水名鑑疏水名鑑
Copy Light(c) : The Ministry of Agriculture Forestry and Fisheries of Japan

©2018 Weblio RSS