燻ぶるとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 燻ぶるの意味・解説 

燻る

読み方:くすぶる
別表記:燻ぶる

よく燃えずに煙ばかり上げているさま。炎を上げて勢いよく燃えればよいものを、煙が出るばかりで一向に燃焼進まないさま。転じていつまで成功栄進果たせずにいるさま、気持ちわだかまりなどが残り続けるさまなどを意味することも多い。

くすぶ・る【×燻ぶる】

読み方:くすぶる

[動ラ五(四)

物がよく燃えないで、煙ばかりを出す。「生木が—・る」「焼け跡が—・る」

煙のすすで黒くなるすすける。「天井が—・る」

争い事などが表に現れずに、また、完全に解決しないままで続いている。「不満が—・る」

閉じこもって陰気に過ごす。「一日中下宿で—・っていた」

地位や状態などが、その段階にとどまったまま低迷している。「下積みで—・っている」

身なりやようすが小汚くすすけている。

世帯に—・った彼女とはまるで別の女見え」〈秋声縮図


ふすぶ・る【×燻ぶる】

読み方:ふすぶる

[動ラ五(四)

炎を立てず、煙だけを出して燃える。いぶる。くすぶる。「蚊遣り火が—・る」

煙のすすで黒くなるすすけるくすぶる

「家の内は煤にて真っ黒に—・り」〈鉄腸花間鶯

不平・不満抱いたまま閉じこもっている。くすぶる。「田舎で—・っている」



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

燻ぶるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



燻ぶるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS