燻るとは?

燻る

読み方:くすぶる
別表記:燻ぶる

よく燃えずに煙ばかり上げているさま。炎を上げ勢いよく燃えればよいものを、煙が出るばかりで一向に燃焼が進まないさま。転じていつまで成功栄進を果たせずにいるさま、気持ちわだかまりなどが残り続けるさまなどを意味することも多い。

いぶ・る [2] 【燻る】

( 動五[四] )
よく燃えないで煙がたくさん出る。けぶる。くすぶる。 「なま木が-・る」

くすぶ・る [3] 【燻る】

( 動五[四] )
火がよく燃えずに、煙ばかりが多く出る。くすぼる。 「生乾きが-・る」
すすのために、黒くなる。すすけるくすぼる。 「 - ・った天井」 「 - ・つた茶わんが出た/洒落本駅舎三反」
家や田舎に引きこもって、目立った活動もしないで過ごす。世にうもれている状態で暮らす。 「実家で-・ってる
もめごとなどがはっきりした解決をみないままになっていて、再び表面化しそうな状態である。 「執行部対する不満が-・っている」
地位境遇などが向上しないままでいる。 「平(ひら)で-・っている」 〔「くすべる」に対す自動詞

くゆ・る [2] 【燻る・薫る】

( 動五[四] )
炎を出さずに燃えて、煙が立つ。ふすぼるくすぶる。 「タバコが-・る」
表面に出さないで、心の中思い悩む。 「人しれぬ心のうち燃ゆる火は煙は立たで-・りこそすれ大和 171

ふすぶ・る [3] 【燻る】

( 動五[四] )
くすぶる。 「焼け残ったがまだ-・っている」
すすけて黒ずむ。 「家の内は煤にて真つ黒に-・う/花間鶯 鉄腸
を得ないでいる。 「田舎に-・っている」

ふすぼ・る 【燻る】

( 動四 )
燃えないで煙がたつ。くすぶる。 「明王の御頂より、猛火-・りいで、五体をつつめたまふ/曽我 7
(煙などのために)すすける。すすけて黒ずむ。 「以ての外に-・りたる持仏堂にたてごもり/平家 3
やつれる生気を失ったようになる。 「アノ人ノ顔ガ-・ッタ日葡


燻る

読み方:イブル(iburu)

作者 上野壮夫

ジャンル 小説


燻る

出典:『Wiktionary』 (2019/09/10 14:03 UTC 版)

動詞

いぶるる】

  1. 火が消えず煙るくすぶる

活用

いぶ-る 動詞活用日本語活用
ラ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
いぶ

活用形基礎的結合
意味 語形 結合
否定 いぶらない 未然形 + ない
意志勧誘 いぶろう 未然形音便 + う
丁寧 いぶります 連用形 + ます
過去・完了・状態 いぶった 連用形音便 + た
言い切り いぶる 終止形のみ
名詞 いぶること 連体形 + こと
仮定条件 いぶれば 仮定形 + ば
命令 いぶれ 命令形のみ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「燻る」の関連用語

燻るのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



燻るのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの燻る (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS