滑空比とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 高等数学 > > 滑空比の意味・解説 

かっくう‐ひ〔クワツクウ‐〕【滑空比】

グライダー着陸時の飛行機などが滑空するとき、飛行した水平距離降下した高度との比。滑空比は揚抗比等しい。→揚抗比


【滑空比】(かっくうひ)

固定翼機エンジン止めたまま滑空する際の位置エネルギー消費率。
より平易言い換えれば、「1メートル降下する間に何メートル前進できるか」。

例えば、高度100m降下で1000m飛翔すれば滑空比10
あるいは、高度1000mの落下中に10m位置ズレたなら滑空比0.01。

特定の機体が最高の条件に置かれた場合引き出せる滑空比を、特に「最良滑空比」と呼ぶ。

旅客機貨物機最良滑空比おおむね5、滑空機2035要求される。
滑空機競技における世界記録級では滑空比が70越える事もある。


滑空比(かっくうひ)

滑空比
高さ100mから飛び400m着地した場合は滑空比4:1
沈下距離に対す前進距離の比を滑空比という。
例えば、高さ100mのテイクオフポイントからフライト行い600m先でランディングたとする
600m:100m=6:1
滑空比6:1となる。
また滑空比6とは6:1を意味する。
関連用語L/D参照



滑空比と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「滑空比」の関連用語

滑空比のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



滑空比のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
浜名湖パラグライダースクール浜名湖パラグライダースクール
Copyright (C) 2021 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.

©2021 Weblio RSS