母子寡婦福祉資金貸付とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 母子寡婦福祉資金貸付の意味・解説 

母子寡婦福祉資金貸付

読み方:ぼしかふふくししきんかしつけ
別名:母子福祉資金貸付

母子家庭において、母親就労や子どもの就学などで資金が必要になった時、市区町村などの自治体貸し付けること。なお、母子福祉団体父母のいない児童なども貸し付け対象となる。

母子寡婦福祉資金貸付は、母子自立支援員による面談結果審査経て貸付申請を行う。母子寡婦福祉資金種類によっては申請の際に連帯保証人立てなければならない場合がある。

母子寡婦福祉資金貸付は用途により、事業開始資金事業継続資金就職支度資金医療介護資金技能習得資金、生活資金就学支度資金修業資金結婚資金修学資金特例児童扶養資金分類される。償還期限資金種類により3年から20年までとなっている。また、利率無利子場合と年3%の場合がある。

関連サイト
母子福祉資金貸付金 - 厚生労働省


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

母子寡婦福祉資金貸付のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



母子寡婦福祉資金貸付のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS