毒素原性大腸菌O-148とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 毒素原性大腸菌O-148の意味・解説 

毒素原性大腸菌O-148

読み方:どくそげんせいだいちょうきんオーイチヨンハチ
別名:毒素性大腸菌O-148病原性大腸菌O-148腸管毒素原性大腸菌O-148O-148

食中毒症状などの原因となる「病原性大腸菌」の一種で、人の腸の内部増殖し、腸管毒を生産腸炎などを引き起こす

いわゆるO-157」や「O-111」などの病原性大腸菌は「腸管出血大腸菌」と呼ばれ、異なタイプ大腸菌分類される。腸管出血大腸菌は、腸内で「ベロ毒素」と呼ばれる毒素生産する特徴がある。

毒素源性大腸菌中には、「O-148」の他に、O-149、O-169などがある。不衛生環境で扱われたレバ刺しユッケ生野菜などを通じて感染することが多い。75度以上の温度で1分間上加熱することで通常殺菌できる。

2011年9月長野県メーカー社員食堂食事をした200近くの人が、食中毒症状訴えという事件があり、検査結果、毒素原性大腸菌O-148であることが判明し、3日間の営業停止処分が命じられた。同じく9月に、山梨県庁食堂でもO-148原因とする集団食中毒発生し、数日間営業停止処分が命じられている。

関連サイト
毒素原性大腸菌O 148とは


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

毒素原性大腸菌O-148のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



毒素原性大腸菌O-148のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS