残留磁束密度とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > 密度 > 残留磁束密度の意味・解説 

残留磁束密度

【英】:Remanence

材料磁気特性を表す磁気ヒステリシス曲線において、外部磁場飽和磁化の状態となる高い値から0に戻し時に残る磁束密度の値をいう。残留磁化Residual Magnetization)とも言う。この値が高いほど、利用可能な磁束密度が高い。単位SI単位系テスラ[T]、CGS単位系ではガウス[G] で、Br記号で表わされる。等方性材料場合は、残留磁束密度は飽和磁化50%から75程度になるが、希土類焼結磁石材料においては磁化容易軸方向磁化方向配向されているので、残留磁化飽和磁化95%以上となる。

磁束密度

(残留磁束密度 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/07 17:08 UTC 版)

磁束密度(じそくみつど、英語: magnetic flux density)とは、文字通り磁束の単位面積当たりの面密度のことであるが、単に磁場と呼ばれることも多い。磁束密度はベクトル量である。 記号 B で表されることが多い。国際単位系 (SI)ではテスラ (T)、もしくはウェーバ平方メートル (Wb/m2)である。




「磁束密度」の続きの解説一覧



残留磁束密度と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「残留磁束密度」の関連用語

残留磁束密度のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



残留磁束密度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
信越レア・アースマグネット信越レア・アースマグネット
Copyright © 2019 Shin-Etsu Chemical Co.,Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの磁束密度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS