林翔とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 林翔の意味・解説 

林翔

林翔の俳句

さくら咲き心足る日の遠まわり
さんずゐは点点点の涼しさよ
今日も干す昨日の色の唐辛子
今日よりは冬帽と呼ぶソフトなり
光年の中の瞬の身初日燃ゆ
廃屋になだれて柿の黄金なす
抽きんでてさびしからずや初紅葉
揉みながら種蒔くいとしいとしとも
書を閉づるかそけき音も冬の声
柴又や飴切る音に日の永き
欝の日や緑の風をいぶかしみ
照り競ふ紅葉を囃す瀬音あり
白桃のかくれし疵の吾にもあり
白梅の仄と色めく夕日ざし
百態の人の一人は汗拭けり
街燈の今宵は消えよ春の月
鉄橋の弧に弧を重ね虹の立つ
雪女消え人型のうすあかり
 

林翔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/06 10:18 UTC 版)

林 翔(はやし しょう、1914年1月24日 - 2009年11月9日)は、日本俳人長野県長野市生。




「林翔」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「林翔」の関連用語

林翔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



林翔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの林翔 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS