月出山岳とは?

月出山岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/18 05:25 UTC 版)

月出山岳(かんとうだけ)は、大分県日田市東部の玖珠郡玖珠町との境界付近にある標高は708.7m[注 1]


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 国土地理院の「大分県の主な山岳標高」では690mとされている[1]が、これは3つあるピークのうち、二番坊主の標高である。

出典

  1. ^ a b 大分県の主な山岳標高”. 国土地理院. 2018年2月11日閲覧。
  2. ^ a b c 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典 44 大分県』角川書店、1980年1月、p.296
  3. ^ 全国のふるさと富士 その他のふるさと富士”. 静岡県. 2018年2月11日閲覧。
  4. ^ 日田市都市計画マスタープラン (PDF)”. 日田市. pp. 111-116 (2013年3月). 2018年2月18日閲覧。
  5. ^ 大武美緒子 『山の名前っておもしろい! 不思議な山名 個性の山名』実業之日本社、2015年12月17日、p.183
  6. ^ “難読山名1位は「一尺八寸山」”. 日刊スポーツ. (2013年10月26日). オリジナル2013年10月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131027123528/http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20131026-1209606.html 2018年2月18日閲覧。 
  7. ^ “難読山名、由来バッチリ 日田に看板設置”. 大分合同新聞. (2013年2月5日). オリジナル2013年2月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130212195121/http://www.oita-press.co.jp/localNews/2013_136002535223.html 2018年2月18日閲覧。 
  8. ^ 【解説】由布市、耶馬渓、一尺八寸山(漢字クイズ・テーマ451)”. 2018年2月18日閲覧。
  9. ^ “難読山名サミット始まる 日田市”. 西日本新聞. (2013年10月27日). オリジナル2013年10月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131026202703/http://www.nishinippon.co.jp/nnp/oita/article/48709 2018年2月18日閲覧。 
  10. ^ 週刊ヤマケイ. 山と渓谷社. (2013-10-31). http://www.yamakei.co.jp/weekly_yamakei/backnumber/html/20131031/Text/20131031.xhtml 2018年2月18日閲覧。. 
  11. ^ 「一尺八寸山」これ読める?難しすぎて読めない全国難読「山名」ランキング”. gooランキング (2016年10月18日). 2018年2月18日閲覧。
  12. ^ “月出山岳に展望台 くじゅう連山など一望、絶景アピールへ”. 西日本新聞. (2013年9月6日). オリジナル2013年9月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130905205314/http://www.nishinippon.co.jp/nnp/oita/article/37853 2018年2月18日閲覧。 


「月出山岳」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「月出山岳」の関連用語

月出山岳のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



月出山岳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの月出山岳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS