手控えとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 手控えの意味・解説 

て びかえ -びかへ [2] 【手控え】

手元記録しておくこと。また、その帳面
予備手元に残しておくこと。また、そのもの。 「 -を残す」
取引などをさし控えること。


手控え

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

手控え

相場見通しが立たないため、売りにも買いにも動かず、相場成り行き見守る状態。
模様ながめ」または「様子見」とも言います。現物取引であれば将来的にその銘柄値上がりするという見通しが立たない限り投資家具体的な投資行動には移りません。また、信用取引でも同様で、売り買いいずれかから取引始めにしても結局は値上がり値下がりいずれかに相場が動くという確信が得られない限り投資家具体的な投資行動には移りません。相場を動かす材料が出ず、相場方向性見極められない場合は、多く投資家相場成り行き見守ることになります買い方だけが静観している「買い手控え」は、相場基本的に停滞または下降基調にあり、上昇に向かう気配がみられないため、買い方相場成り行きを見守っている状況指します。反対に売り方だけが静観している時は、「売り手控えと言います。

手控え(てびかえ)

何らかの事情によって売買差し控えることをいいます。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「手控え」の関連用語

手控えのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



手控えのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2019 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2019 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集

©2019 Weblio RSS