奈良絵本とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 古本用語 > 奈良絵本の意味・解説 

なら えほん -ゑ- [0] 【奈良絵本】


奈良絵絵巻・同絵本

土佐派の絵と同系統的な絵であるが、金銀使用し、泥絵具濃彩中心とする絵で類型的職人芸的な感じのするいわゆる奈良絵の入った絵巻絵本である。室町中期始まり次第に盛んとなり、江戸初期寛文頃から元禄にかけてのものが最も多く以後急速に無くなる。現存絵巻絵本では圧倒的な割合占める。御伽草子中心に舞の本古浄瑠璃などの内容のものが殆どで、少数平安鎌倉古典散文学に広く及んでいる。


奈良絵本

読み方:ナラエホン(naraehon)

室町後期から江戸中期の絵入の冊子本





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「奈良絵本」の関連用語

奈良絵本のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

PLY

ティム・バーナーズ・リー

糸

米沢平野

官公署

着順

サイクルコンピュータ

坂本の六地蔵





奈良絵本のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
正文堂正文堂
© SEIBUNDO, 2017
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2017 Weblio RSS